無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« GW社会見学・越美コース?その2 | トップページ | GW社会見学越美コース?・その3 »

GW社会見学越美コース?・その1

毎年GWには渋滞を嫌って穴場を狙い、時間をずらし、混雑のない野宿ツアーが恒例となってきました。ですが・・・。

Pa0_0165 今年は連休が分かれてしまい、間にはPTAや遠足などの学校行事が入り、パパさんの連休と合わない家庭も多かったのでは?我が家も家族の予定が合わず、比較的近距離となりました。(春休みもやっちゃったし)

今回は西国札所として名高い谷汲山は素通りで、その奥の両界山横蔵寺を訪問。5時に起きて走るには近いお隣の岐阜県のため、まだ静かでさわやかな境内を家族貸切で参拝。

Pa0_0166

もちろん有名な舎利堂(ミイラとなった入仏僧が安置されている)は参拝できるはずもなく、先週ネモクラブで学んだ山菜や野草を見つけて散策を楽しむことに。

  すがすがしい山道を歩いていると、水車が発電をして街路灯を灯しているではありませんか。きれいな水を勢いよくかけて水車は回っています。本当に明かりが付いているので子どもたちは感激!しかし電気のプロのパパさんが、「このまま下を流して水車を回しても十分電気がおきる。上Pa0_0167までひくのは圧力をかけるためだから、もっと圧力のでる出口にしなければ意味がない。」と細かくチェック。

一同「・・・なるほど。」「でもかっこいい。」と論議。

ぜひとも再度訪れてミイラを拝みたい女性陣と、「怖いからいや」と消極的な男性陣と意識は分かれましたが、次なる目的地根尾谷断層を目指しました。

« GW社会見学・越美コース?その2 | トップページ | GW社会見学越美コース?・その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GW社会見学越美コース?・その1:

« GW社会見学・越美コース?その2 | トップページ | GW社会見学越美コース?・その3 »