無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 親は子どもの環境にどこまで関わるか~その1~ | トップページ | ネモクラブ例会~流し素麺編~ »

親は子どもの環境にどこまで関わるか~その2~

自分のわがままのせいでや友人を傷つけること、約束を忘れてすっぽかしをしてしまうこと・・・などの失敗は小学校低学年くらいでは当たり前に起きている。そのあたりからは子どもは対人関係の体験学習を開始していると言ってよいのではないか。

幼児期は送り迎えなども親かがりだったりするから、子ども同士で約束するのが主体的な活動となる学童期になったら、自分のした約束に責任を持つことを教える一方で、果たせなかったことをについて振り返り、次の約束ではどうしたら良いかなどを話し合うことができるはずだ。いつも話すように、そこには言葉による対話がある程度できなかったら無理だ。また一方的な指示でも子どもに考えさせることはできない。

最近は小学生になっても親が間に入りたがる傾向があるが、それは表面は大人のように友人関係が作られるように見えていても、子ども同士で得た体験的なやりとりではないから、中学生くらいになって身動きできなくなってしまう子どもも多い。笑い話のようだが就職した娘の入社式に親が出席したり、上司に親が文句を言うということが本当にあるらしい。これはどこから子どもが自分の周囲の環境を自分で調整するか、ということを親が考えずに守ろうとする行動の現われなのだろう。ではどこから、と考えるとやはりある程度で親がでしゃばるのをやめる線が必要だ。それはその子に合わせて決めたらいいが、今まで述べたとおり、やはり学童期のどこかにその線があるのだと私は思う。家庭がしっかりしていたら、外で出会う「変なやつ」の影響は受けない。家族が「心の基地」になっていたら。

何度も繰り返し失敗を重ねながら、人は対人関係も身につけるのだろう。極端な大人というのもありだ。「変な大人」なら実社会にごまんといるのだから。子どもは自信をつけるべく、努力を重ねる一方で、多くの奇妙な現象を目の当たりにしてよい。

親夫婦がけんかしながら愛し合っていること、苦手な人ともなんとかうまくやっていこうとする姿勢などを見ているに違いない。なぜ子どもには苦手な人から引き離すことを考えるのだろう。うまく自分から距離を取ることも、危険と察して身をかわすことも覚えて言って欲しい。たくましく自分らしく生きていくために。

コンピテンス・・・それは環境を調整して自分を生かす能力。これを今こそ子ども達に身につけさせるには、やはり親自身が環境に対して前向きに姿勢を持つことしかない。カウンセリングの基本「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる。」ポジティブな強さを親子で持ちたい。

« 親は子どもの環境にどこまで関わるか~その1~ | トップページ | ネモクラブ例会~流し素麺編~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/21905588

この記事へのトラックバック一覧です: 親は子どもの環境にどこまで関わるか~その2~:

« 親は子どもの環境にどこまで関わるか~その1~ | トップページ | ネモクラブ例会~流し素麺編~ »