無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« ネモクラブ例会~流し素麺編~ | トップページ | ネモクラブ例会~おやつ編~ »

ネモクラブ例会~竹遊び編~

080628_131802  ネモの奴らがただ樋を作って終わるわけはないだろう、ご明察。鉈は使えないまでも早速にのこぎりを使って熱心に竹を切り分ける子どもたち。何を作っているのかと問えば

080628_131101 鍋で湯気を立てて待っているカレーを入れるカレー皿。円筒を使うもの、縦長にランチプレートに切るもの、それぞれに個性で形を作っていく。

当然お父さんも嬉しそうに切っているので、接近してみると・・・

なんとビアジョッキを作っているつわものが。しかし少し細長すぎてビールを注ぐと泡ばかり、またはこぼれるの連続で、匠の技に到達するにはや080628_131701はり一朝一夕にはいかないものだと納得。

竹細工はその後もエスカレートして、箸・箸置きはもちろん、スプーンやら、湯のみやら、結局ほとんどの食器を竹で作ってしまいました。

さらには、写真がないのが惜しいけれど、竹を並べて叩きまくり、南洋のネイティブのように素朴な民族楽器を奏で080628_130401_2る少年たちの横で、カレーを食べる。「うるさいなあ」とぼやきつつ、「人間って、素朴なものだなあ」と実感。

安全と合理性を求めて人は数家族の社会を形成したのでしょう。そこでは食べること、飲むこと、そして奏でることと遊ぶこと。獲得した素材以外の何もなくても、人が集まると生活の道具を作り始める・・・それが生活の原点なのですねえ。電化された日常とはかけ離れた経験とその楽しさをぜひ伝えたいと写真をとりまくりました。幸せそうなお父さんの写真がなぜか多い。

そうです。改めて確認すると、ここはお父さんも含めた家族の居場所なのです。だからお父さんのやりたいこともたくさん入っています。竹ジョッキビールですっかりご機嫌になったお父さんたちが入会資格の見直しを行いました。なんとその規約は

1.奥さんが大事 2.子どもが大事 3.ネモの場を感謝し、そこで学ぼうとする意思がある だそうです。一番が子どもから奥さんに昇格して奥様方もにっこり。つまり夫婦の絆がしっかりしていれば子どものことを心配しなくても大丈夫という意味なのでしょう。

誤解なきよう付け添えますが、ネモの参加夫婦がけんかしないという意味では決してありません。だいたいが到着までにすでに一悶着しているのが参加者の特徴。着く早々ぼやき合っております。しかしそれこそが対等で親密である証拠なのでしょう。荷物の積み方でもめている夫婦・・・ほほえましいでしょ?

« ネモクラブ例会~流し素麺編~ | トップページ | ネモクラブ例会~おやつ編~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネモクラブ例会~竹遊び編~:

« ネモクラブ例会~流し素麺編~ | トップページ | ネモクラブ例会~おやつ編~ »