無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 絵本紹介週間4 | トップページ | 絵本紹介週間6 »

絵本紹介週間5

たったさんびきだけのいけ (PHPにこにこえほん)

買ったきっかけ:
鈴鹿市立図書館

感想:
オタマジャクシと魚と亀が住むドーナツ型の池があった。オタマジャクシは陸に上がれるのカメを仲間外れに。そして超身勝手なオタマジャクシは成長してかえるになった途端、陸に上がれないさかなを馬鹿にし、いじめ始める。しかし、池の水が干上がり、自分の行いに後悔したカエルは、湖の水を引き込む一大プロジェクトを仲間とともに成し遂げる。

おすすめポイント:
友情とみんなの力を合わせなければできなかった感動!

たったさんびきだけのいけ (PHPにこにこえほん)

著者:宇治 勲

たったさんびきだけのいけ (PHPにこにこえほん)

おおきなやかたのものがたり

買ったきっかけ:
亀山市立図書館

感想:
ある大きな貴族の館があった。そこは栄華を極めてたが火災のあと、ぼろぼろの廃墟に。その後、泥棒をする子供たちの孤児院への生まれ変わり、自分が必要とされ、愛されていることを知る。

おすすめポイント:
本当に自分を必要としてくれるのは、誰?
美しい館の絵が時代とともに移り変わっていく様子が印象的。

おおきなやかたのものがたり

著者:青山 邦彦

おおきなやかたのものがたり

こびとづかん (cub label)

買ったきっかけ:
鈴鹿市立図書館

感想:
ある子供がおじいさん(本書ではじぃじといっている)
に「コビト」の存在を教えてもらっていろんなコビトを捕まえに行くお話
最後のおじいさんが自然との付き合い方を教えてくれる。

おすすめポイント:
こびとの絵がシュールで奇妙。カラフルでグロテスク。
こびとは、人間の風刺。
各ページの隠れ小人をさがすのもお勧め。

こびとづかん (cub label)

著者:なばた としたか

こびとづかん (cub label)

« 絵本紹介週間4 | トップページ | 絵本紹介週間6 »

コメント

わたしも「たったさんびきだけのいけ」だいすきです。息子のクラス(2年)のよみきかせにも使いました。

ブログコメントデビューおめでとう!!
絵本フリークいかがでした?濃かったでしょ?気ままにまたやりましょう。まえさんもどんどん楽しい絵本をご紹介くださいね。

「たったさんびきだけのいけ」要チェックですね~♪
二年生位で生き物好きの男の子なんか喜びそうですか??
そういえば、幼稚園のころ、カエルが好きな男の子がいて、ランドセルを買う時も、カエルと同じ緑色のランドセルを買った子がいました。まさしくカエル博士!将来はファーブル!?

>まえさん
あちらこちらで活躍されているみたいですね♪今度、読み聞かせボランティアなどの話もいろいろ聞かせてくださいね♪

「たったさんびきだけのいけ」の反響うれしいです。改心したカエルがやわらかな前足から血を流しながら土を掘り、池の水が逆流しないようカメが穴をふさぎ、魚を助けるために湖の水を引き込みます。誰一人欠けても成し遂げられないラストに感動します。ぜひ、読んでみて。

久々にこちらを開けてびっくり!!ちょっと感動してしまいました。ブログってすごい☆若い子がはまるの、今日わかりました。
「たったさんびきだけのいけ」に登場するかえるは、本当に人間くさくて、悪態ついてるさまさえ、なんか共感してしまいます。誰かとなかよくなるために、ほかの誰かを傷つけてしまう、まだ幼い彼の気持ちがわかるんですね。
そして、仲間を守るためにがんばる成長した彼。
かくありたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/21516404

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本紹介週間5:

« 絵本紹介週間4 | トップページ | 絵本紹介週間6 »