無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 情動コントロール | トップページ | 登校しぶり予防その2 »

登校しぶり予防

宿題終りましたか?いよいよ来週から学校始まりますね。まだ暑いし、だるくて登校しぶりしそう・・・と心配な親御さんにアドバイス。

簡単なんですよ。家にいるより学校へ行くほうが「まし」と思わせれば良いのです。エアコン、おやつ、ゲームが揃って甘えたこと言っていられるお家は世界一なのは当然。さて、そろそろ手伝いと称して用事をいいつけましょう。小学低学年なら、ごみ捨て(それもくさ~い生ゴミを)お茶碗洗い、お洗濯、なんでも家事をさせてしまいます。我が家はその上に菜園で土仕事。だんだんと雰囲気悪くなってきますよ。子どももぶつぶついい始めますよ。おかんの悪口言い始めたらしめたもの。友達と元気いっぱい遊べる学校が恋しくなってきます。「家に居たってろくなことない」と子どもが思える配慮をしてあげてください。

意外でした?ああ、もっとも手伝いをする素地が要りますね。お手伝いって子どものためにも本当に大切な社会技能の練習ですから、将来有望な子どもを育てたかったらどんどんさせてくださいね。かのMBAのマイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソンは超有名になっても「ゴミ出しは僕の仕事」と言ってましたよ。体がぱっと動けばメタボ予防にもなるし。

テストの点が取れなくても我が家の子どもたちは分担して家事をすることができるようになりました。仕上がりはもちろん不十分ですが、細かいことはだんだん教えていけば良いのです。

そうそう、よく物の本に子どもをほめて育てる云々の傾向のものがありますが、ある程度大きくなった子どもには実はよくないんですよ。実験心理学にも「プラトー(高原)現象」というのがあり、ある程度ごほうびで伸びた成績が頭打ちになるのは、ごぼうびに慣れてしまうから。適当に文句を言ったほうが子どもも悔しがってがんばるというパラドックスなんです。

本当の思春期になるとまあ滅多に言うことを聞いてくれる子はいませんから、早いうちにお手伝いの習慣をつけてあげてください。

「魔女の宅急便」のキキは12歳。初代ポケモンの悟は確か10歳で旅に出たはず。子どもも10歳過ぎたら一通り身の回りのことができるよう仕込みましょう。

« 情動コントロール | トップページ | 登校しぶり予防その2 »

コメント

新居に越してからトイレ掃除は息子の仕事です。主人は最初抵抗があったみたい。いわんや主人の両親をや…私の気の強さを御存じなので真っ向からはおっしゃいませんがね
そして和室の掃除機(本当は箒なんでしょうが)もかけさせています。公民館で茶道をご一緒しているおじいさまは息子をかわいがってくれていますが、
掃除機をせっせとかけている姿を見るたびに「かなりやらされとるな」と微妙なコメント。
でも今回の記事を見て、応援していただけたかんじがします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登校しぶり予防:

« 情動コントロール | トップページ | 登校しぶり予防その2 »