無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 箕田地区文化祭 | トップページ | 孤高の男にあこがれるおばさんサイコロジスト »

ゆーみんとお別れ

081028_115901ふぁすに家族ぐるみで力を貸してくれていたテリー&ゆーみん一家のお引越しでした。東京都内への転居のため、夕方の新幹線で発たれました。

ゆーみんとは2年以上も仲良くして毎週(イベントが重なると毎日)のように一緒に行動していたのでとってもさびしいです。

「寝る場所できたら呼んでね」と遊びに行くことを楽しみにしばしのお別れをしました。

引越しの途中に気づいたのは、お庭に置いてゆくお花たちにしっかりと土をかぶせてあること。

081028_115801「次の家主さんが来るまでがんばって咲いてね」とゆーみんからのエールなのでしょう。ゆーみんはとってもさっぱりしていて、女性っぽくなくスタッフばかりかメンバーのみんなもついつい仕切られてしまう手際の良さが際立つ個性でしたが、実はとっても暖かい優しさをたくさん持っている豊かな女性です。言葉ではなくゆーみんの暖かさと誠実さに心打たれた仲間はおおぜいいたことでしょう。

ゆーみんがいないふぁすって想像できない、とスタッフもしばらくへこんでいましたが、今はふぇすたの準備をがんばってやっています。東京のゆーみんにブログやメールで立派にやっているところを見せたいなあと思います。

どうぞ皆さんの力で盛り立ててくださいね。←みなさん。

家族で力を合わせて東京でも元気に楽しく過ごしてくださいね。←ゆーみん

« 箕田地区文化祭 | トップページ | 孤高の男にあこがれるおばさんサイコロジスト »

コメント

ゆーみんと会う機会がぐんと減ってしまうことが、まだ実感として湧かず、「は~ぁい!なっち!」なんて声が聞こえてきそうです。
私とは全く違うものをもつ、ゆーみんと出会って、自分の価値観の狭さや、型にはまったまじめすぎる性格に気づくことができました。
明るく人と話す姿や、さっぱりとキリがいいところ、いつも勉強熱心でいるところ、ゆーみんの姿を見ながら、多くの事を学ばせてもらいました。
絵本を選ぶセンスはピカ一で、私ならきっと手に取らないであろう絵柄の本を紹介してもらった時の衝撃は、目から鱗。
服のセンスも、発想も、刺激的で、頭の固い私は、ゆーみんから本当にいろんな刺激を受けて、現在に至ります。
すぐに会える距離ではないけれど、これからもブログやメールで情報交換しようね。
まずは、新生活に慣れるまで、頑張りすぎないように頑張ってね♪

庭のお花たちの写真をみてつい涙が・・・。

水道がとまってしまい、雨が頼りのガーデンのお花たち。霜がおりるまで、シックな黒いコリウスと秋の黄色メランポジュームが咲き続けるかな?春には、白いクリスマスローズや大輪のカサブランカ、紫のアジュガが足元を覆い尽くすことでしょう。
日照りの夏までに借り手が見つかるといいな。

こちらの学校は、3年生まで対象にその保護者が読み聞かせをされているようで、当分お休みになります。最後の読み聞かせになった6年生の学級通信に「毎回工夫を懲らした演出、子供達の心をとらえる絵本の選択…と子供達の心に話しかけてくださいました。」と先生からお礼の言葉を頂きました。最後まで続けられなかったことが心残りでしたが、私の何かを感じてもらえて、とてもうれしいです。

技の匠?特殊工作員?いろんな技能をもったすごい達人がゴロゴロ揃ってる、ふぁすの偉大な活躍ぶりをブログやメールを通して東京から応援しています!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/24815930

この記事へのトラックバック一覧です: ゆーみんとお別れ:

« 箕田地区文化祭 | トップページ | 孤高の男にあこがれるおばさんサイコロジスト »