無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 雨のお休みはみんなで本を読む | トップページ | ふぁすふぇすた放映中! »

ママゼミパパママ編にむけて

三重県健康福祉部の補助事業「ささえあいくらぶ」によるふぇすたが無事終わり、スタッフもほっと一息しているところです。今週は鈴鹿市男女共同参画市民企画支援事業という補助金で開講されている「心を育てるママの講座(ママゼミ)パパママ編」の第三回があります。前回もじっくり話し合いができたので、日ごろ不安・不満に思うことをぜひ質問や話題としてあげていただきたいと思います。

いつもお伝えしている通り、我が家もけっして自慢できるパパママではないので、だからこそ一緒に考えたり、「こんなこと、試してみましたよ。」というお話ができるのだと思います。思春期を乗り越え、高校生になった長男は、やっと落ち着いて両親と向かい合って話もできるようになりました。今長女が中学生になって反抗期真っ盛りという感じで、手を焼いております。

子どもにとっての両親は第二回でお話した通り「灯台と港」外海の荒波を避けて母港に非難することもあるけれど、ずっととどまっていることをゆするわけにも行かない、人生は厳しい船旅です。叱ったり、励ましたり、親も悩みつつ向かい合うことが一番大切なんだとかみ締める毎日です。

そうして高校生くらいになるとやっと前後の見通しももてるようになって、大人同士の話に近づいてきます。それまで、あまり期待を高くせず、かといって夢を失わず向かい合っていきましょう。

« 雨のお休みはみんなで本を読む | トップページ | ふぁすふぇすた放映中! »

コメント

うちも中学生の二男が反抗期で大荒れの時期にきており、取扱い注意です!父親が防波堤の役割をしているので大丈夫だとは思ってるんですが~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ママゼミパパママ編にむけて:

« 雨のお休みはみんなで本を読む | トップページ | ふぁすふぇすた放映中! »