無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« ふぁすブログへお越しいただきありがとう | トップページ | インド人の思い出 »

伊勢湾の蜃気楼(ほんと)

081120_080601 冷え込んできましたね。急に風が冷たくなったので、公園に集まる子どもの姿が減りました。またゲームばかりになると、親はイライラ・・・。

ちょっとはマラソンでもがんばってもらいたいと、朝少し早く起こして、自宅から公園と堤防まわりを一周しておいで、言うのですが、当然ながら乗り気ではないので、「今日は冷えたから浮島がみえるかも・・」とやる気をそそるために、でまかせを。蜃気楼の一種、島が浮いて見える自然現象で、数日前に瀬戸内海で観測されたと新聞にでていたため。「うちなんかしょっちゅう見えるし、もっと寒くなると『黄金柱』だってみえるんだから。」と言うと、超常現象大好きな子どもは身を乗り出してきます。

とっとと送り出して家事をしていると、帰ってきた息子。「見えた」・・・あ、そう。と言ったこちらがいい加減だから、息子もわからず言っているだろうと思ったのですが、登校してしまって窓から見ると、くっきりと浮島が。(神島のようです)

携帯のカメラに写るくらいだから、肉眼で美しくみえることが想像いただけます?「うちはコンビニもないけど、蜃気楼見えるからいいねえ。」私は洗濯機に汚れ物を突っ込み、息子はミルクを飲みながら、朝のひと時でした。

« ふぁすブログへお越しいただきありがとう | トップページ | インド人の思い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢湾の蜃気楼(ほんと):

« ふぁすブログへお越しいただきありがとう | トップページ | インド人の思い出 »