無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« むしの知らせか? | トップページ | 三重県社会教育委員連絡協議会のHP »

有機野菜のパワーを信じる

090128_172901 今は菜園も休業状態なのですが、大根などは地道に成長を続けております。たまに巡視点検(?)に行くと、育ってる野菜をみて、やっぱりわが子に通じる感慨をもちますねえ。

さて成長の遅い人参を収穫しました。実は友人がガンで有機野菜が良いらしいと、都会の高い宅配有機野菜を買ったと聞いたので、うちので良ければ送るねと約束したのです。しかしさぼってばかりの我が家の菜園では、当然なっているべき大根も白菜も・・・。

大根はおいしすぎて待ちきれず秋に食べてしまい、現在二度目の栽培中で、白菜やキャベツは前に申し上げた「マイノリティ・ベジタブル」ですから、まだまだ先のながい特別支援状態。結局食べられる物といったら人参くらい・・。

自宅でも小さいヤツを食べようと、ただゆでたのですが、これが「おいしい!」と家族がうなる味。色もね、透けてオレンジ色(いえ、にんじん色というべき)またまた久々に宝石のような美しさに息をのんだ次第。夫は「すると俺たちは同じ名前の別の食べ物を(買って)食べてたってわけだな。」「まあ、いくらみたいなもんだよね。」などと会話がはずみます。

都会の野菜が怖いと隣の畑のおばさん(知恵の女神)も、東京の娘さんに送る野菜をせっせと作っているのだとか。確かに人参一つをとっても無農薬で作るとなると(肥料も控えめ)生産率は極端に落ちます。有機野菜の値段が高いのは当然。しかし毎日食べるものだけに、大切とわかっていてもつい安い製品に手が伸びてしまうのが主婦のつらいところ。

こんなうちの野菜でも役に立つかな・・と荷造りしていると、夫が「海のオゾンも一杯の野菜だから」と言ってくれます。

回復を願う気持ちが届くといいな。

昨日の話とつながりますけど、「想い」は行動につながり、「行動」は相手に影響を与えます。実はその友人は私がみなさんと一緒に勉強しているLMを一番初めに一緒に学んだ学生時代の友人です。お互いに娘時代のわがままで自由な思い出をじっくり暖めなおしているところ。私の今は、彼女との関わりのなかで育まれ、影響を受けてきたに違いないのです。

私は信じて祈り、そして行動を続けます。

今日はサロン・サリュ。一人でも会いに来る人がいたら、精一杯の関わりを味わい大切にしようと、スタッフ一同お待ちしていますよ。往路に宅配屋さんに寄って野菜を送ります。

« むしの知らせか? | トップページ | 三重県社会教育委員連絡協議会のHP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有機野菜のパワーを信じる:

« むしの知らせか? | トップページ | 三重県社会教育委員連絡協議会のHP »