無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 元気に始まりましたか? | トップページ | レッドクリフ観ました »

アトリエ始まります。

桜が満開で、入学式に文字通り花を添える今日この頃です。学校も始まり忙しくなってきました。ふぁすも新しいアトリエを計画して来週から皆さんにお会いするのを楽しみにしています。今年はじっくりアトリエで一人ひとりの参加者と知り合いたいと考えています。

まずはLMの定番「コンセンサス」の実習から始まります。これまで何度も実習をやった人も、初めての人も、一緒にやりますが、「今、ここ」にある関係はすべて一期一会。同じパターンはありません。同じ実習をやっていても毎回雰囲気も展開も、気づきも違うのが面白いです。

どきどきわくわく・・・一緒にファシリテーションを学びましょう。子どものことでつい家庭内にばかり目が行ってしまいがちですが、広い世界を見つめてください。それと同時に母である自分自身にも目を向けてください。

なっきーは、というと、娘の中学の役員のお仕事と、地区の子ども会の役員が重なっているので、春休みもばたばたしていました。子ども会はまさにファシリテーションのフィールドワークと言ってもよいでしょう。さまざまな価値観や生活背景をもつ家庭が、「地区のこども」というキーワードで集まってきます。最大公約数はどのあたりにあるのでしょう。暴走するおばさんあり、元気なお父さんの活躍ありで、今の地域の活性化を楽しみながら関わり、必要なお手伝いを柔軟にできたらいいなあと張り切っております。

明日はふぁすのコアスタッフによる月一度のミーティング、午後からSCの連絡協議会と娘の学校の役員の会議。そして夜は上の子ども二人と、イエローレシートで招待してもらった映画「レッドクリフ」。4つもイベント詰まってしまい、きりきり舞いですが、ミスのないようがんばります。

子ども会やPTAの活動は、先にも書いたとおり、子どもというくくりで集まるために価値観が多様で難しい面もあります。ふぁすの仲間は同じ価値観で集まるので居心地が良いと実感しますが、世間は居心地良いばかりか、「渡る世間は鬼」とでも言いたくなる難しさ。

年をとったからか、「分かってくれる人が分かってくれたらいいや」と思うと、不思議と楽になりますが、これはアラサー世代には、まだ難しい感覚でしょうか?誤解に傷ついちゃうなんてこと、よくありますね。20代では「自分を正しく理解してほしい」と力み、30代では、誤解が気になる・・・なぜだか40代になると「まあいいや、分かってくれる人がいるんなら」となります。体力的なものもあるのかも。でも自分にとって大切な友人も絞れてくるし、楽ですよ。そんなお話もアトリエでできたらいいなあと思っています。

来週、お会いしましょう。

« 元気に始まりましたか? | トップページ | レッドクリフ観ました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アトリエ始まります。:

« 元気に始まりましたか? | トップページ | レッドクリフ観ました »