無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 不登校 ゼロ | トップページ | アサーションとは »

地域でのファシリテーション

よくコアスタッフにぼやいていますが、今年は末っ子の子ども会の育成者をしています。今は総会の季節。今日30近い世帯数の地区の総会をしました。コアも知ってる雑な性格がチェックの対象にならないよう、自分としては細心の注意をはらってしている仕事のために、やたらと肩が懲ります、というのが本音ですが、ふぁすで実践している「どんな人にも出会いを感じる」なっきーの恵まれた人好きな性格を、地域でも役に立てられたらと思います。ふぁすに集まるメンバーさんはそれなりにふぁすというグループを理解して、なっきーというリーダーを知っていて集まってくれるのですから、アピールもしやすいですが、地域というくくりでは、当然、家庭によっても世代によっても価値観が違うのですから、子どもが同じ地域というだけでなんでもうまくいくわけはないのだ、という冷静な視点がまず大切です。

このあたりはフォーラムなどでもよくお話するところ、自分と同じ考えを持っていると思わず、みんなの意見の中庸をとるようにするとそれなりに丸く収まるというわけです。ファシリテーションは地域でももちろん発揮できます。みなが楽しく参加できる気配りは、ただただ引っ張るだけではない、本当のリーダーの仕事。うまく発言できない人や、ハンディキャップを持つ人にも明るく声をかけて参加を促す、本当のファシリテーターの腕の見せどころ。

幼稚園、小学校、中学校、子ども会、それぞれに地域で組織があります。重なって忙しい方もみえることでしょうが、かわいい子どもがそこで楽しく過ごすため、ひと肌ぬいでくださいな。なっきーも今年は娘の中学と末っ子の子ども会の役を引き受け、仕事と社教の会議以外に走り回っています。ふぁすでは講師をしたりリーダーシップをとりますが、それぞれに担う自分の役割に応じて、その場のリーダーさんが動きやすいよう、自分なりに工夫して(時には何も発言しないことが一番スムースに運ぶ場合だってあるわけですから)立ち居地を考えて行動しています。そしてはみ出す人がないよう、心がけて声をかけるようにしています。

みなさんのご活躍のお話があればお聞かせくださいね。

« 不登校 ゼロ | トップページ | アサーションとは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域でのファシリテーション:

« 不登校 ゼロ | トップページ | アサーションとは »