無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« ふぁみーゆ  | トップページ | 夜桜 »

SC配置転換

今日はエイプリルフールですが、これは本当の話。スクールカウンセラーとして転勤が決まり、なんと次は一校が小学校です。これまでごく一部の小学校を除いてスクールカウンセラーが小学校に配置されることはなく、たいていは市の「心の相談員」や「心のサポーター」としてもう少し手軽な相談員が配置されていました。しかし中学生は当然地元の小学校からほとんどが進級してくるのですから、予防的措置がうまく働けば中学校での問題は減らせるはずなのです。ではなぜ進まなかったのかというと、中学になって親の言うことも先生の言うことも聞かなくなって問題が大きくなるまで、本人も「保護者」も、そこに問題が存在することを認めたがらないからです。

本当は早めに適切な対処をしたら非行や引きこもりになる前に食い止められて、それなりに中学生活を送れるはずなのですが、問題の芽が小さいと、逆に認められないのが親心というもの・・・今回私が勤めることになる小学校にどんなニーズがあるのかは、行ってみないと全くわかりませんが、少し経験を積んだなっきーが、「微妙な年頃」の子どもの気持ち、そんな子どもをもつ親の気持ちに沿って、一緒に考えられたらと思います。

たくさんの関わりを作ってきた中学校を離れるのはとてもさびしいのですが、前を向いてしっかり歩くことがSCの資質として必要だと自分に言い聞かせています。

話すと元気が出るSCとしてお役に立てたら嬉しいですね。今回、小学校2校を依頼いただいたのですが、予防としてやっている社会教育の大会を控えているので今年は一校だけをお引き受けしました。予防も「役に立ってるのか自己満足なのかわからない」と言えばそうですが、支援になると「本当にベストかどうかわからない」判断が多くて、「お役に立ってませんねえ」と自信のない発言をすることもあります。それでもおそらく関わらなかったら刑事的な犯罪者として扱われたかもしれない、訴訟が起きたかもしれない、誰かが怪我をしたかもしれない、誰かが命を失ったかもしれない・・・という不安を持つ生徒がいたことも事実。それらを未然に防げていたのだと自分を評価して信じるしかありません。

救えないケースも、あります。そのくやしさを予防に役立てています。ふぁすではとてもブログなどでは書けないなっきーのSCとしての無念さを、じっくりと課題として見つめ、どうすれば予防できたかを考え、その具体的な方法を実践してきました。ふぁみーゆやわいわいキャンプ、グローリーなどの活動の背景には、きちんとなっきーなりの理論があります。

元気で無邪気な子どもたちの声や親御さんの笑顔を見るとき、「何か大切なしごとをしている」といつもスタッフに協力を感謝する言葉を伝えているのです。

そうそう、エイプリルフールですけど、今日からグローリーが独立した組織となりました。おめでとう!これはほんと。

« ふぁみーゆ  | トップページ | 夜桜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SC配置転換:

« ふぁみーゆ  | トップページ | 夜桜 »