無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« ブイヤベース作ってみました | トップページ | 絵本紹介「ボロ」 »

同音異義語

中学と高校の二人の子どもと勉強していて、娘の「『こうてい』って庭だよね」(この娘漢字を知らない)と言ったとき、息子は『皇帝』を想像し、私は『肯定』を想像して三人で「は?」となって大笑いしました。子どもが大きくなるとこんな楽しさがあるんだなぁと、赤ちゃんより少年が好きななっきーは、今人生で一番幸せな時期にいると感じました。はいりそびれたパパがうらやましそうに見てました。
ふぁすコアスタッフミーティングでもネモの「れいかい」の話をしようとしたら、「『れいかい』とはあの幽霊が降りてくるあれですか」という美香さんに「それは『こうれいかい(交霊会』の『れいかい』だよね」と爆笑してたらさらにぜきちゃんが「隣にいる人たち?」「いや、それは高齢会だから」などと、中高生みたいに盛り上がったこと、ありましたね。
日本語には同音異義語がたくさんあるので会話は難しいものです。
あ、そういえば一昨日も「紅顔の美少年」の「こうがん」を間違えてる親父がいたっけ。「いやそっちの字だったら漢検で書ける人がいないだろう。薔薇と同じくらい難度が高いよねって、そんな字でないし。」と盛り上がったっけ。
まあふぁすの打ち合わせやミーティングってそんな感じですわ。はずかし。
特になっきーが飲んでる時には酒がラムだったら気をつけてね。ぜんぶ覚えてるから。

« ブイヤベース作ってみました | トップページ | 絵本紹介「ボロ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/30128002

この記事へのトラックバック一覧です: 同音異義語:

« ブイヤベース作ってみました | トップページ | 絵本紹介「ボロ」 »