無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« イベントを整理します | トップページ | 人を育てる上で大切なこと »

「貴為和以」

社会教育の大会があり役員を務めていると書きましたが、先日伊勢の会場を視察しました。会場は一番メインの宇治山田駅前の観光文化会館と、伊勢商工会議所、伊勢シティープラザに分かれるため、参加者が移動できるかも含めて歩いて下見に行きました。

伊勢商工会議所は普段の生活の中で出入りする機会がないので、興味深々で、宇治橋の架け替えに関する事業所の看板があったり、おしゃれな喫茶スペースがあるのでわくわくしてエレベーターに乗りました。

間接照明でホテルのようなエレベーターホールや、広く明るいホールなど見せてもらい、発表なさる県や東海北陸地方の代表の方々が張り切っていただけると自信を持ちました。説明を聞く事務所の階で少し時間があり、立派に表具した書(墨でかいた)を何気なく拝見・・・読めないし・・と思っていたら、津の委員さんで尼僧+元バスケ全日本選手+英語教師という多彩な才能をお持ちの大先輩、小泉さんが「これは和、これは似る、という字ね。」とおっしゃって解説くださり、皆さんで解読のように「これは貴いという字ですね。」「これは為かな・・。」と暗号解読のように書を眺めていて、はっと

「聖徳太子の『和を以てと貴しと為せ』ですね!」と叫ぶと、皆さん「そうですか?(本当かい?)」というご反応。右から書いてあったので(タイトルのように)余計に分かりにくかったわけです。

若輩者が知った口は利けませんが、あれは絶対そうです。この言葉を掛けられる商工会議所も素晴らしいなあと思いました。ってほとんど誰も読めないのでしょうが。東福寺の住職のサイン(?)だったと記憶しています。大会の際にはできたら改めて拝見したいと思いました。本当にこの言葉が好きなんですよね。出会えて嬉しかったのです。

« イベントを整理します | トップページ | 人を育てる上で大切なこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/30201301

この記事へのトラックバック一覧です: 「貴為和以」:

« イベントを整理します | トップページ | 人を育てる上で大切なこと »