無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« うどん味のお好み焼き? | トップページ | 小学校のスクールカウンセリング »

衣替えの作業に想う

連日お天気で服の入れ替えや洗濯がはかどりますね。そろそろ学校はプールも始まってますね。

昔はじめて学校に相談員として入った頃、まだ子どもたちが小さくて、先輩ママ先生に家が片付かないとこぼしていたら、「下の子が小学校にいる間は焦っても無理だよ。」とアドバイスされました。

今日は心穏やかな気分で玄関を掃いていてそのことを、ふと思い出しました。子どもが小さいうちは家にいる時間も多いので、それなりに庭や部屋を飾って楽しんでいたのに、学齢期になってからの方が子どもは成長しているはずなのに、散らかる一方で情けない気持ちになっていましたが、ふと気づくと確かに末の子が小学校高学年になって、散らかるおもちゃがなくなったことと、家にいる時間が少なくなったことで、片付けられるようになってきたようです。

とは言え、提出物だの学用品だの(今の時期で言えばプールの用意とか)、子どものお稽古の送り迎えだの、家にいる間は小さい頃より圧倒的に子どもの用事に振り回されます。プリントは氾濫、ゴミ箱もいつもあふれている状態。よほど家政の手際がよくないと、混乱状態です。

心を育てることを一番にしていたら、お勉強と片づけがそれに比べておろそかになったと気づいたのは最近。でもそれは挽回できると思って頑張ってます。心は後から作れません。迷った時は潔く選び、捨てるべきは捨てましょう。

幹の太い苗を育てればあとからしっかりと実るものだということは菜園で学んだ事実です。

« うどん味のお好み焼き? | トップページ | 小学校のスクールカウンセリング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/29907539

この記事へのトラックバック一覧です: 衣替えの作業に想う:

« うどん味のお好み焼き? | トップページ | 小学校のスクールカウンセリング »