無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« ママゼミ-思春期編-開催 | トップページ | 親子で魚釣り »

考古博物館観月会

091003_175501 鈴鹿市は市内は3年ぶりに帰ってきたF1で盛り上がってます。なっきー家は末っ子の組体操で頑張る小学校の運動会で大忙し。田舎のじいじ・ばあばも出てきて、応援してくれました。

その喧騒が収まる頃、鈴鹿市考古博物館の観月会が始まりました。ネモでお世話になるバルタンさんがプロデュースされると伺い、夕方早く埃や汗を洗い流してちょっとおしゃれをして出かけました。バルタンさんと聞くとウエストポーチに道具を詰めて出かけようとする長男にも、これから出か091003_175601ける場所が、屋外の催しでも「アウトドア」ではないと、TPOをひとしきり説明。文化や風流を教える機会となりました。

6時の開会には見事な中秋の名月がのぼっていました。昼間の突風も収まり、静かな月の出となりました。名物となったエコ行燈も道に並べられ風情をかもしています。

ついでに「あんどんは、行燈と書く。昼間の行燈はぼんやりしてるところか091003_175602 らぼんやりした人を昼行燈と呼ぶ。」と言葉も教えながら、そぞろ歩き。

お琴と尺八の演奏を聴きながらしばし名月を愛でるという、なんとも日常の忙しさからかけ離れた趣ある時間を過ごすことができました。すでにかなり知られた観月会ではありましょうが、なかなか腰をあげるのは勇気がいるもの。気軽にこうした場所に出かけられるようになれればいいですね。

本当に良い時間でした。バルタン先生いつもありがとうございます。

« ママゼミ-思春期編-開催 | トップページ | 親子で魚釣り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古博物館観月会:

« ママゼミ-思春期編-開催 | トップページ | 親子で魚釣り »