無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« ママゼミ「精神衛生-発達障害編」 | トップページ | 大人も頑張るよ »

和を大切に

昨年から抱えていた県社会教育委員の大きな大会が終わり、昨夜は反省会でした。待ってもらっていた依頼講演が11月早々に二つあり、それもとにかく無事終わりました。あまり頭の回転が良くなくて思うような内容とは自分では言えませんが、スライドやレジュメを準備したり、その間に急な気温変化に合わせて家族の衣料や布団など大騒動で入れ替えたり、またその間には通常のSCの勤務があり(こういうときに限って忙しかったりするわけです)、市の会議が夜間にあったり、毎日朝になると「うぉー、今日もがんばるぞー」と自分に檄を飛ばして布団からでる状態です。

子どもたちは学級閉鎖でのんびり休暇気分でいると食事が気になったり、自分こそインフルエンザ?というような痛みや熱っぽさがあったり。

それでもどうにか乗り切ることができました。家族が元気に遅い帰宅を迎えてくれていたら自分の疲労はむしろ幸せです。やっぱり身内の不調がなにより体にも心にも響きますよね。

ふぁすでピアサポートという考え方を大事にしているのも、互いに声を掛け合って支えあう関係を持っていることが家族の不調や悩みを乗り越える一番の力だからです。

家族と友達の暖かい言葉に包まれて忙しいし体はへとへとですが、充実感で一杯になります。みんなにもらったぬくもりを、またこれから元気なふぁすへ充電して、後半のアトリエ活動に備えます。

新しい仲間が入り、現在のスタッフは10人体制。うまくまわせばかなりの活動ができます。一方ありがちな女性グループのトラブルを避け、率直に思いやりをもって運営できるよう努力します。互いに和を考え、前向きに取り組む姿勢を持っている人がふぁすに来られます。「和を以って尊しとなせ」という聖徳太子の言葉を座右の銘にしているなっきーですが、自分の意見をきちんと伝えるためには、まず自分で整理できなければなりません。それを相手にとって受け入れやすい言葉にして伝える努力、相手の気持ちをしっかりと受け止め、ともに解決してゆこうとする努力。

簡単そうで難しい人と人との関わりをライフテーマとしているふぁすの仲間は、迷ったり悩んだりしながら、確実に強く大きくなって心でつながっていきます。

人間関係に疲れているあなた、ふぁすに遊びに来てください。お待ちしていますよ。

« ママゼミ「精神衛生-発達障害編」 | トップページ | 大人も頑張るよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/32117601

この記事へのトラックバック一覧です: 和を大切に:

« ママゼミ「精神衛生-発達障害編」 | トップページ | 大人も頑張るよ »