無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 体調不良で不登校という子に | トップページ | 宮川植樹参加―チアーズクラブ― »

壁新聞作り―チアーズクラブ―

091114_150601  午後からベルシティ2Fのジャスコ会議室で先週行ったチアーズクラブ炭焼き体験の壁新聞作りを高学年がしました。6年生は昨年度優勝してドイツエコツアーに行ったのでその発表をするため、作業は4、5年生です。

おなじみバルタン先生に入っていただき、たまたまふぁすコアキッズが勢ぞろいしているので作業はとてもリズミカル。環境についてかなり高いレベルのまとめを行い、子どものユニークな発想を次々に壁新聞にまとめていきます。

3年前にもお手伝いさせていただき今回で2度目なのですが、やはり子どもたちの、物事についてまとめる力、表現する力の弱さを感じます。ひとつにはそうした練習をする機会が減っていること。これは学校でも、調べ学習には時間がまだ割けてもそれをまとめる時間を取れないことに原因があるでしょう。何かをまとめるのは大人でも難しい作業ですからどうしても時間がかかります。今の学校では基礎学力の低下を懸念するため、どうしてもじっくり取り組むことができないのでいっこうに力がつきません。では家庭でできるかというともちろんそんなチャンスはなく、子どもたちは日々ゲーム機で遊ぶばかり。

091114_150602はじめ億劫でなれない作業嫌がりさえする子どもたちです。なかなか取り組みにくいのですが、みんなの驚きや発見を自由に入れていけばいいのだとわかると生き生きと作業を始めます。決まりきった形式に調べた文章をはめる、ということが壁新聞作りだと思っていた子どもたちは、遊びの延長のユーモアやこだわり、ひねりも大いに楽しんで作業しました。終わって出てきた子どもたちは「ああ面白かった!」

ゲームを含めて最近の子どもたちが「ああ面白かった!」と叫ぶことってあるでしょうか?

一見まじめそうな環境学習の壁新聞作りが、子どもにとってこんなに楽しめる時間となったのは、もちろん裏表で準備くださる小手川さんのおかげですが、子どもの発想を大切に引き出してくださるバルタン先生のご指導の賜物なのです。

参加者の皆さんの保護者の方々はバルタン先生に足を向けて眠らないでくださいね。おかげで今年も壁新聞は内容としては大学級?もしくはそれ以上?というレベルで、しかも

オリジナルキャラクターを作ってたくさん貼ってウオーリーのように探させたり、隅々まで丁寧に色を塗り、きれいな紙を木の葉の形に切り抜いて飾ったり、児童アート満載のユニークな新聞ができあがりました。12月6日三重県環境保全センターにて午後からの発表です。次は発表の練習です。体調整えてがんばろう!

明日は同じくチアーズクラブの活動で宮川植樹に出かけます。

« 体調不良で不登校という子に | トップページ | 宮川植樹参加―チアーズクラブ― »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/32213752

この記事へのトラックバック一覧です: 壁新聞作り―チアーズクラブ―:

« 体調不良で不登校という子に | トップページ | 宮川植樹参加―チアーズクラブ― »