無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 密談ではなく | トップページ | こんどは「神の島」 »

ヤマト・コード?

Imgp2954_2お天気に恵まれた連休です。みなさんいかがお過ごしですか?なっきー家は恒例の明日香記念日。なっきーがお弁当を作ってロバートと初めてデートに出かけた明日香に毎年遊びに行っています。子どもが増え、お弁当の量も増えて、毎年子どもの成長と親のお疲れ加減がよくわかる恒例行事となっています。数年前から子どもたちが手伝い、今年はロバートがチキンナゲット揚げを手伝ってくれました。なっきーが昨日風邪で寝込んでいたのに6時に起きて弁当つくりをしようというのを気の毒に思ってくれたのでしょうか。

「うちのだんなは!」という前に、妻も努力しなくてはいけません。「おべんと作ったよ。どっかで食べよう。」と試してみてはいかがでしょう。お弁当の魅力は魔法並み。必ずドライブに連れ出せますよ。その話はまた今度ということにして・・・。

Imgp2969_2毎年明日香を訪れるので狭い明日香はだいたい行きつくしました。今年も飛鳥川のほとりを散歩して、次なる目的地へ。神野山という山が奈良県の三重との県境近くにあります。一度遊びにいったことがあるので今日はゆっくりと行ってみる事に。「めえめえ牧場」という羊の牧場があります。

Imgp2975_3 動物好きな子供連れでにぎわっていました。かなりの高地のため、イギリスの牧羊が向いているのでしょう。散策しているとどこかスコットランドのような風景。

Imgp2978_2 しかし本当の目的地は、この巨石群。今、ネモクラブの自主トレを兼ねて、子どもたちは一目散に岩場を登っております。鍋倉渓というごろ岩の群れ。なんとこの岩の川は、天の川に見立てられて、付近には夏の大三角つまり白鳥座のデネブ、琴座のベガ、鷲座のアルタイルに相当する岩があるというのです。信じられますか?それだけでなく、北極星やさそり座のアンタレスにあたる岩もあるというのが、この神野山の不思議。

Imgp2983_2 アルタイルと言われる天狗岩まで来たところです。今日は散歩と思ってデザートブーツの娘に、エンジニアブーツのなっきーは、ふとロバートを見るとしまった彼は登山靴だった。ぶつぶつ言いながらも、山頂まで数百メートルと聞くとついむきになってしまいます。

Imgp2987_2 ようやく山頂付近のベガにあたる王塚まで来ました。日本神話の火の神が祭られているという伝説の古墳です。

Imgp2991_2 三角点618.77メートルの展望台からは、大和高原が360度のパノラマで臨めます。山並みが重なって青い色がグラデーションに見えます。ちょうど折り重なる垣根のようだと歌に詠んだ日本武尊の「大和は国のはほろば。たたなづく青垣、山ごもれる大和路うるわし」を教えますが子どもたちは「足が痛い。のどが渇いた。」とネモの隊員とは思えぬたるみぶり。やっぱりネモで来なきゃだめだわ。

でも受験生だし明日は勉強しような。

さて、岩石群について関心ある方はこちらの論文をご覧下さい。山岳信仰、アニミズムという視点からこの岩石群を捉えていて興味深いです。こちらでは古代天文学には触れていませんが、前に紹介した岐阜・金山巨石群との年代的な合致(12,000年前の縄文時代)を考えるとなんらかの天文的なメッセージも考えられますし、三輪山の御神体が頂上の岩石であることや、明日香の亀石など数々の不思議な岩の意味などを考え合わせると、まさに「大和コード」なにかのメッセージが解読できるかもしれません。なんだかわくわくしませんか?

« 密談ではなく | トップページ | こんどは「神の島」 »

コメント

メエメエ牧場にも行ったね。
羊も可愛かったですね。

都城の北斗七星というのを以前テレビでみたよ。

自分たちが子どもの頃には知られていなかった太陽信仰や、古代の天文台が数多く発見されていますね。エジプトや南米のピラミッドなども、イギリスのストーンヘンジと同じく天体観測目的だったというような本も書かれて、子どもの本を一緒に見ては胸を躍らせています。
以外と身近にあったりして、おもしろいですね。

うちは伊吹山におにぎりを持って行きましたよ。
塩加減を凄く心配して食べてもらったのを懐かしく思い出しました。

それはさておき、米田家の馴れ初めが気になったのは私だけですかね。

わいわいキャンプの星空の下でお願いしま〜す

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマト・コード?:

« 密談ではなく | トップページ | こんどは「神の島」 »