無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 支えあう心 | トップページ | ハート弁当! »

アトリエLM「出会いのスキル」

100527_111801今日は人間関係トレーニング「出会いのスキル」と題して、二つの実習をしました。

一つは「流れ星」という描画を使った実習です。言葉で聞いて絵にすると、一人ひとりこんなに違うイメージが。熱心に聴いているとだんだん絵がかきずらくなってくるのはなぜ?人のコミュニケーションのずれや確認の必要性を認識していくための実習でした。

経験者の人たちには、もう一歩心の奥に踏み込んだ「風景構成法」というちょっと難しい心理療法の現場でも使う描画にチャレンジしてもらい、自分のもつ心の風景について考えてみました。

もう一つの実習は「私って誰?」というタイトルで、チェックシートで自分や友達の人柄をチェックして、それを伝え合うというもの。日ごろ自分が見せている姿と、自分の本当の性格の違いを見つめたり、他人の印象を伝えることも学びであったかと思います。

よく知っていると思っている人の意外な面、あまり知らなかった人とよく似ているという面、そして自分自身のいろいろな面、人を多面的に捉えると出会いの可能性はまた数限りなく広がっていきます。

一つ目の実習で、「自分の思い込みに待ったをかける」という習慣を身に着けてもらうことで、他人や自分にも柔軟な姿を見つけることができるようになるのかもしれません。たくさんの出会うためのきっかけが見つかったと思うのですが、どうだったでしょう?

ぜひこちらに記念のコメントをお願いします。

« 支えあう心 | トップページ | ハート弁当! »

コメント

「流れ星」の描画結果、自分でも意外に話を聞けているんだなと驚きでした。それも書く直前になっちが「4つ程、絵を描いてもらいます」と前置きがあったので、集中してかけたような・・・。
絵を描き進めながら「うわ、もう描きこめない!これは無理だ、しまった!」と心の中での自分の声は相当あせって叫びまくっていました。それなのに質問できず。確かに人との会話中でも、「どういうこと?それは、おかしくないかい」とかなり自分の中で思うことありました。絵をきっかけに自分を振り返る・覗き込むことができるとはすごい!
 「私って誰?」のチェック項目を前回に比べ、理由立てて自分自身を組み立てられました。与えられた時間・場所で、相手のことも真剣に知ろう・理解しようとする活動そのものが居心地よかったです。普段 話の流れで「そういう人だったんだね~」と何気に口にして相手を知ろうとしていましたが、またそこを一歩踏み込んで伝え合える満足度は格別でした。
>「ただし、こういう場でのみ通用する」
時と場所と人をよくわきまえて、相手を知ろう・自分を伝えようと努力できたらと思います。

「私って誰?」は楽しかったです。
学生時代を思い出しました。

Tグループ好きで、単位超えて受講してました。

懐かしいです。
自分と、そして相手の中にぐぐっと入るドキドキわくわくと、関わりの深さからくるちょっとした疲れと。

ピアサポメンバーの距離がまた1段と近くなった感じです。次回はともさんとも是非ワークしたいです。

ふりかえり、大事ですね。
大昔のレポート用紙を読み返したくなりました。

>Tグループ好きで、単位超えて受講してました。
きっともーちゃんは若いときから落ち着いて人と関わりを持てる方だったのでしょうね。
Tグループが好きだなんて!うらやましい。

それはさておき、いまのふぁすでのLMは、実によい雰囲気ですね。

振り返り、自分のものにしていく力が素晴らしいですよね。
大人になり、まして子どもを囲んでこんな関わりが持てるなんて想像もしなかっただけに、大事にしたいです。

ずっとずっと続けたいね。

>時と場所と人をよくわきまえて、
もう固まっちゃってる人たちが、かなりいます。
年齢とも必ずしも比例しません。
ふぁすのお姉さまたちは、相当なレアな存在です。
でも何があっても、聞いてくれる仲間、励ましてくれる友達がいますから、勇気を出して関わっていってください。
いろんな出会いに向かっていってください。
一緒に悩みながら、歩いていきましょう!

                                      

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アトリエLM「出会いのスキル」:

« 支えあう心 | トップページ | ハート弁当! »