無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 夕食の食卓にみる生活技能 | トップページ | 朝からSST »

6年目の邂逅

昨日は教員の自主的な研修会の相談部会という集まりに呼んでいただいた。学校で悩んで見える先生方の役に立てることが嬉しいので、喜んで参加させてもらった。

そこで不思議なご縁の出会いをした。

今を去ること6年前、長男が小学校6年のときの担任の先生だった。間違いない。その先生は家庭訪問でしきりと相談を薦めたことをよく覚えている。

6年前にはまだ発達障害の名前も広まっていなくて、自分も臨床発達の研修に行っていて、「もしかしてうちの子は、該当するのか」と漠然と不安になっている状態だったし、ご存知のように家庭ではこういうタイプの子は見つけにくいので、親として判断つかなかった。しかし今思うと、この先生、勇気がある。わが子の将来のために、親の耳が痛いことを承知で

「彼は整頓が悪くて、授業が終わると教材を机に積んでいくので、5限目には机から落ちます。」

と言われた。下に兄弟がいて、長男の気の良い部分だけを見ていた自分は学校集団でうまくついていけてない不安を、この時点で初めて知った。マイペースで友人関係もうまく乗っていけないので、環境を変えるためと、念のため高校受験を避けて六年制私立中学受験を考えていたのが、親として「グレーなまま」いけるという見通しだった。

結果から言うと、中学2年で深刻な二次障害が出現したので、もっと早くから相談機関にかかっておくべきだったという後悔がある。その親の迷いと後悔を理解して、現在も相談活動に役立てている。

6年ぶりにお世話になった先生に邂逅して、懐かしく蘇ってくる。まだほんの6年前なのか。

直接会話する時間が持てなかったのが残念だが、ご覧のように、障害を克服し未来に向かって歩き始めていますと先生に報告したい気持ちで一杯だった。そして変わらず子どもたちのために研究を続けておられる姿に感動した。

ただ皮肉なことに、この先生の熱意と正義が通じる保護者ばかりでなく、息子のクラスはこの後、学級崩壊をした。いじめをかばったこの先生に生徒と保護者の攻撃がなぜか集中してしまった。伝えるって、本当に難しいなあということも、改めて思い出した。

« 夕食の食卓にみる生活技能 | トップページ | 朝からSST »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6年目の邂逅:

« 夕食の食卓にみる生活技能 | トップページ | 朝からSST »