無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 善行と非行の境界線 | トップページ | 不登校を減らす »

就職内定率と家族会話は比例

昨日のニュースで言ってましたね。

就職試験で内定を取る学生には、家庭での会話が多い傾向があるということ。面接試験などでは対話の能力がみられます。大人として社会人として、他人と関わる力を見るのは当然のこと。テストに強くても就職するにはコミュニケーション能力も必要ということ?

改めて考えてみれば当然のことですね。

http://syu-katu.jp/syukatu/36645.html

« 善行と非行の境界線 | トップページ | 不登校を減らす »

コメント

今朝、全国放送の某番組でウチのダンナの会社が新入社員研修に自衛隊の訓練を取り入れているというドキュメントを観ました。
今年の新入社員は「ゆとり世代」ということで素直で真面目だとか。
あえて厳しい自衛隊訓練を経験することによって今の若い世代に足りないチームワークとコミュニケーション力をつけるというのです。
会社はチームワーク大事なので。と社長さん。
やはり、子供のころから大切なことなんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/34989658

この記事へのトラックバック一覧です: 就職内定率と家族会話は比例:

« 善行と非行の境界線 | トップページ | 不登校を減らす »