無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« わいわいキャンプⅤ募集中 | トップページ | 第2回子育て支援セミナー(予告) »

人と人の関わりが社会

三重県の社会教育はどうあるべきか、委員の集まりがありました。

昨年東海北陸研究大会の準備会を開くと、実にユニークな委員さんがたくさんみえましたが、残念ながらそのように顔を会わせる機会がめったにないので、どちらでどのような方がご活躍なさっているのか知りませんでした。

研究大会のブログを立ち上げましたが、委員の素顔を伝えるまでいかなかった反省点もありましたので、今回はそれを伝え、県内の委員さんやその方々が地元で続けておられる社会教育の様々な活動を集めて伝え合えるようなネットワーク作りが大切だということになりました。

公民館の活動、学校と地域社会の連携、図書館や施設の有効な使い方などなかなか幅広い話題なので、ふぁすの代表なっきーは全てについていけないまま6年が過ぎていますが、それでも学校・家庭・地域の連携の必要性を痛感している今日この頃なので、自分にわかる範囲のことについて、精一杯意見を出しました。

例えば、ここ10年間くらいで、学校に出入りする図書や学習のボランティアが定着して充実して、多くの目や手が届くようになったという実感。その一方で過干渉とネグレクトの両極化が進んで、学校の先生が集団ではみられなくなるほど多様化した子どもの価値観や行動パターンに対して、いよいよ学校への支援のありかたが問われるように。

おりしもなっきーは中学校の生徒指導のこれまでの考え方を根本的に見直してもらうために、生徒指導部会に出席するため、この大事な会議を中座させていただきました。

でも一つ一つの地道な問題を解決する姿勢を忘れてはいけないと、無理にお願いしました。「市か県の会議ですか?」いぶかる室長に「いえ、ただの中学校の会議なんです。申し訳ありません。人と人の関わりから始めなければなりません。」うなずく社会教育・文化財保護室の皆さん。

今取り組んでいる新しいシステムが立ち上がったら、また報告しますね。

« わいわいキャンプⅤ募集中 | トップページ | 第2回子育て支援セミナー(予告) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/35649219

この記事へのトラックバック一覧です: 人と人の関わりが社会:

« わいわいキャンプⅤ募集中 | トップページ | 第2回子育て支援セミナー(予告) »