無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« わいわいⅤ、下見 | トップページ | 40000近し »

やや良い主婦

こう毎日暑いと、食事の準備も大変ですね。熱の出る料理を作ると汗だくで部屋も暑くなる。

手抜きしてさっぱりしたものばかりだと体力落ちちゃうし・・・良い主婦は疲れます。

ネモクラブでバルタンさんが子どもたちを呼ぶときに「良い子の皆さんも、やや良い子の皆さんも・・」と声をかけると大人も子どももぷっと吹き出して、次に何を言うのかと注目する。とても上手な声かけだといつも感心するが、今考えるのは、「やや良い」という言葉。

D・ウィニコットという精神医学者が子どもとの距離を考えるときに、「ほど良い母」(good enough mother)というキーワードを出してきて、よく私も説明に使うが、良い母親になろうと頑張りすぎて疲れてしまったり反動で見捨ててしまうような下手な距離を取るよりは、最初から「ほど良い母」を目指して欲しい。まあできなくてもいいか、てな気持ちでできることに満足していたら子どもも心地よくいられるというわけ。

主婦業にしても母親業にしても、一生懸命やろうと思うと期待通りに動かない子どもに腹がたったり、手伝ってくれない夫にも矛先が向くことがある。疲れてイライラした母は子どもの精神状態に悪影響だし、いつも不機嫌な妻は夫が寂しい。

ではなっきーのように無能な母、妻で良いかと言うと、決してそういうつもりではないのだが、一生懸命やってるじゃない、ごめんよという開き直りもまあ、良いのではないか?

話題に上った虐待死事件の若い母親は、自分が得られなかった幸せな家族環境を子どもに与えてやりたくて懸命に良い母をしていた時期があったという。子どもたちが最後まで「ママ」と呼んで死んでいったのは母親に愛着していた証拠で、言うことを利かないから暴力を奮うというタイプの虐待とは少し違う。子どもを愛していた時期もあっただけに、子どもは信じている母親に見捨てられ殺されるという二倍の痛ましさを感じるから、世間の怒りも大きい。

ちゃんと育てられないから、もう子育てやめたいです、と今自ら乳幼児の保護を申し出ている若い母が多く、乳児院が満員だという。できないから辞めるという発想でなく、なんとか続けていくにはどうしたら良いか・・・と考えていけるよう、9月の子育て支援セミナーでも呼びかけて行きたいと思っている。

などと言うことを考えながら、今日も「やや良い主婦」をしているなっきー。だって昨日は職場の打ち上げに参加して帰宅10時半だもん。不良とまでいかないけど、やや良い・・・でしょ?

« わいわいⅤ、下見 | トップページ | 40000近し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/36468368

この記事へのトラックバック一覧です: やや良い主婦:

« わいわいⅤ、下見 | トップページ | 40000近し »