無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 反抗期×4かい? | トップページ | わいわいキャンプⅤ第二回準備会 »

忙中閑あり、に。

「ひげ」や「かつら」がハンガーにぶら下がり、マントだの剣だのにつまづきそうになる、我が家。だんだんとわいわいが近づいてきた。明日は準備会。

勇者の衣装を持って集まるのかな。

お天気とか体調とか気がかりになってきた。今年は9月が猛烈に忙しい。少し予定を整理すると、

9月4,5日(土・日) わいわいキャンプ。

  9日(木)アトリエ ラボラトリーメソッド

  17日(金)第二回子育て支援セミナー

その合間の月・水・金に学校支援ボランティアSMAPが始まる。ミーティングや勉強会も入ってくる。どれも大切な事業なので、皆必死状態。忙しいとつい家事が後回しになって、子どもとの関わりが薄くなりそう・・・と家庭への心配も出てくる。それは皆同じだろう。他に仕事を持っている仲間もいる。

体調管理もまだまだ厳しい時期だし、小学生は運動会の練習が始まり疲れも出る。

私もリーダーとしてスタッフやメンバーの負担がなく、十分に活動できるよう、心配している。楽しみながら、と思っていても忙しくなると余裕がなくなる。

一度ずつ足元を見直し、いま、ここをじっくり感じることが大事。「今、ここ」という言葉は目の前の関わりを大切にするカウンセリングの祖カール・ロジャースと、部分と全体を切り替えたり統合して考えるゲシュタルト学派から生まれた大事なキーワードで、ラボラトリーメソッドの重要な考え方だ。

今ここ、にのめりこんで全体が見えなくなってしまうことも良くない。関わりながらの冷静さも同じくらい必要なんだ。

いずれも毎日毎日の生活のなかで、つい細かいことに捕らわれてしまう主婦やサラリーマンにこそ大切な視点だと思う。

忙中閑有り・・・と文人は言う。余裕を持って全体をしっかり見なければ。

« 反抗期×4かい? | トップページ | わいわいキャンプⅤ第二回準備会 »

コメント

「関わりながらの冷静さも同じぐらい必要なんだ」
忙中閑有りの現代語訳ですね。
いつもながら「ハッ」させられ、日々の活動に反省しきりです(準備会の後でこのブログを拝見し赤面しております)。

カウンセリングの用語かと思っていましたが、グループプロセスの中でも本当に大切ですね。

常に冷静な諸葛孔明を理想として、コスプレさせていただいたわいわいから、もう一年。もうすぐ5回目のわいわいキャンプです。

どうぞ、今年もよろしくご指導お願いします!

5月以来のプチネモ諸君もおにいちゃんおねえちゃんと遊ぶのを楽しみにしていてくれるようで、わいわいと言ってもネモ+プチネモという感じの顔ぶれなので、いつになく安堵感のあるキャンプとなりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/36384096

この記事へのトラックバック一覧です: 忙中閑あり、に。:

« 反抗期×4かい? | トップページ | わいわいキャンプⅤ第二回準備会 »