無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 映画「葦牙」チケット発売 | トップページ | 「記憶と認知」勉強会 »

欝予防キャンペーン

子どもと理科の勉強を一緒にして、植物には、温度によって生育する種類と、日照時間によって生育が決まる種類があることを、初めて知りましたが、確かに生き物は気温だけではなく様々な気象条件に影響されて生きているし、DNAにプログラムされていることがその条件でスイッチがはいるようセットされているのだなと実感することがよくあります。

だからいつまでも暑くてもお彼岸になると彼岸花は咲くでしょうが、菊のような温度に左右される物は生育が悪いといわれます。発芽は温度だっけな。今年みたいにいつまでも暑いと植物が影響受けますが、それを同じくらい動物、人も影響を受けるということです。

普通に考えてもむしむし暑い時期にはイライラしやすく、喧嘩や事件が起き易いので、今年はイライラ系の人にはいつまでもつらいですね。その一方でうつうつ系の人はおそらく日照時間に影響されるため、なんと今まさに、イライラ系とうつうつ系が入り乱れそうな心配をしています。

もうお彼岸、気がつけばずいぶんと日が短くなっていますね。ここ数日、目が覚めた瞬間「ああ嫌だ」とかつて経験した欝系の感覚が襲ってきました。私ほど多動な人間でもそう感じる時期になったということです。朝起きてやる気が出ない、嫌でたまらないという人がいても決して責めることなかれ。「嫌だな~・・・なんでだっけ?あ、セロトニンね。」とわかれば自分の体と対話して、「理由は特になし。じゃあ今日もがんばりますか」と私ならカフェインで目を覚まします。体操したり散歩したり自分なりに身体を目覚めさせてください。

でも何にもない日も作って、一日何にもしない!と思い切りぐーたらしてもいいじゃないかと私は思います。子どもが入れ違いで用事が入る我が家では、私の希望は朝寝坊。今週末はゆっっっくり寝坊するぞ!と決心して朝ベッドから出るんですよ。

そうやって自分の感覚や感情と向き合うと、さほど苦痛ではなくなるものなんです。「そんなこと考えちゃだめ」と自分を許せない人はだんだんしんどくなります。考えちゃうことと、行動に移すことは別なんだから、自分のイケナイ感情をしっかりと受け止めましょう。(これは子どもの不登校の防止にも言うことです)それからどうすべきか、考えて行動すればいいだけのこと。

早め早めの欝予防キャンペーンでした!

« 映画「葦牙」チケット発売 | トップページ | 「記憶と認知」勉強会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欝予防キャンペーン:

« 映画「葦牙」チケット発売 | トップページ | 「記憶と認知」勉強会 »