無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« アトリエ ママゼミ「非行と不登校」 | トップページ | 子どもCOP10 »

ADHDハッピーマニュアルだって

どうして私、片づけられないの?―毎日が気持ちいい!「ADHDハッピーマニュアル」「どうして私片付けられないの?-毎日が気持ちいい!ADHDハッピーマニュアル」

著者 桜井 公子
販売元 大和出版
価格(税込) ¥ 1,260

ふとブックオフで手にとって「おお、私のことだ(実は娘も)」と思い買ってみました。なんだ、うちは家族全員そうか、みたいなざわめきが家族に走りました。

靴下脱いで洗濯籠に持っていく途中にのどが乾いてジュース飲んだら、置いた靴下もう忘れて、飲んでるうちにしなきゃいけない冷蔵庫の賞味期限切れを放り出し、出てきた食品で夕食のネタ思い出し、そうしたらご飯炊かなきゃと炊飯器に目が行って、という具合に目の前の作業につられていって、始めになんで靴下脱いだのかどこに置いたかなど忘却のかなたということはしょっちゅうあるけど、それって、みんなは違うんだ・・・という驚き。

一つずつ落ち着いて確実に、という躾を、こういう家庭では心がけないといけませんね。それで家中散らかっているんだ。と妙に納得。

なっきー個人で考えると、パソコンを得てかなり人生が開けました。訂正が自由にできることで文章を書くのが飛躍的に楽になりました。書くのは好きなのに間違えると書き直しが嫌で、作文などいきなり清書という状態(そのずぼらが幸いして頭の中で一度に推敲する能力が付いたといえばそうだけど)

またエクセルという縦横表の発想を使うことで自分の頭のなかに時系列的なスケジュールを、頭いっぱい詰まってる作業の種類ごとに描き分けることができるようになり、それを視覚化できて頭すっきりしました。

さらにパワーポイントのスライドは手早くできるなっきーの発信ツール。いまや講演では欠かせないアイテムです。自分が持つイメージを見えるように伝えられるので、お話だけよりわかりやすいと言われます。

こんな風に道具をうまく使って、自分を上手にコントロールすることも、この本の中で薦めています。なるほどね。

家族が妙に納得しているところがおかしい・・・でもそんな自分を知ったら早速自分の改革に乗り出そう!

明日は先延ばししていた・・・衣替え!

« アトリエ ママゼミ「非行と不登校」 | トップページ | 子どもCOP10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADHDハッピーマニュアルだって:

« アトリエ ママゼミ「非行と不登校」 | トップページ | 子どもCOP10 »