無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« バルタンCNSで出演中 | トップページ | 相談も頑張ってます »

夢の家?

Pa0_0005 本日はアトリエ・ラボラトリーメソッドで、フィードバックというテーマでトレーニングしました。エクセサイズは「ハウスビルディング」。写真はそれぞれに自分の振り返りをしているところです。

夢の家をプレゼントし合いましたか?ただ言葉でプレゼントしただけなのに、本当に何かもらったような幸せを味わった方、現実には手に入りそうになくて切なくなってしまった方、いろいろかな。

参加者の皆さんが仲間に作ってもらった家は、どんな家でしたか?どんな気持ちになりましたか?

なっきーも参加させてもらいましたが、いつも一緒のメンバーでのグループだったので、みんな私のことをよく知っていてくれて、私がくつろげそうな、隠れ家みたいな家を作ってくれました。ゆっくり本を読んだりお昼ねしたりできるようにですって。嬉しいなあ・・・。(キッチンとかなくて、所帯じみてないところがなお嬉しかったりして)

そうそう、今気づいたこと。言葉で十分人を幸せにできるんですね。相手が欲しいなと思っている言葉を掛けてあげられれば、それでいいんですね。

ちょっとした心配り。また日々の生活の中で取り入れて行きましょう。

皆さんの感想をお寄せください。

« バルタンCNSで出演中 | トップページ | 相談も頑張ってます »

コメント

知っている人に対しては、普段の様子から察して、その時すぐに欲しそうなもの、性格からしてこんなものありそうなど、とても考えて考えてプレゼントします。初対面の人は、その日の洋服や人柄の雰囲気で想像されるみたい。わたしもスタッフメンバーのグループでしたので、家を構成する数々のものを通して、その人が私に抱いているイメージを聞くことができて、とても新鮮な、どきどきする時間を味わえました。
 ちなみに、“私の家”はかなりものがなく、もしくは隠されて収納してあっていろんな引き出し(棚)があるそうです。「意外なものが入ってたりするかも」と言ってもらえて、バラバラ死体がなければいいな…みたいな(笑)んで、バスルームはなんとガラス張りダンナに隠し布貼られそうだけど…。そんな大胆な面も見てもらえて、なんかまた自分探しが始まりそう。
んん?そういえば私には家族のイメージがあまりない??!
いつもの頭で考える、重〜いアトリエと違って、気分転換できたような、楽しいひとときでした

「あなたって几帳面よね〜」というのが、マイナスイメージで聞こえる人だっています。「あなたって、みかん食べるときに繊維の筋、全部きれいに取ってから食べそうよね〜」とか(いい例えでないですが)、場面をイメージしたり、「こういうの好きそうじゃない??」なんてものを介して相手にイメージを伝えると直接的じゃなくて和らぐんだろうなあ…という勉強にもなった気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の家?:

« バルタンCNSで出演中 | トップページ | 相談も頑張ってます »