無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 親があっても子は育つ?? | トップページ | 箕田地区文化祭 »

グロは悪いか?

中学生くらいの子どもたちはしばしばグロテスクな話や映画に惹かれます。昔から「学校の怪談」などは小学校の人気メニューで、それが次第に現実的なサイコホラーの世界に発展してくるようです。

少し前なら「デスノート」、最近なら「王様ゲーム」?私もSMAPや生徒から聞いて知りましたが。ああ、でもだいだいいつもそうねと聞いて納得。グロテスクに惹かれる子もいます。

かつて自分もそうだったように、それ自体はぜんぜん心配要りません。小学生で作文に「切りました。殺しました。」みたいなのが出てくると、さすがに心配する先生もみえて当然ですが、それが「年長の兄弟がいる」ということなら、単純にその影響なので大丈夫です。でもたった一人でそれに浸ったり、小さい虫や動物を実際に苛めるとなると違ってきます。よく見ていてくださいねと先生にお願いします。

中学生でもリアルな描写の小説など聞くと、大人ははらはらしますが、本当に危険なタイプはそれに耽溺していたり、もしくは隠して一人ひたっている状態なので、表現することはむしろ健康と考えてOKです。

グロテスクに興味を持つ理由は、人間の精神性への関心の深まりと私は考えます。「人間はどこまで残酷になれるのか?」私自身もそういう志向が中学生の頃にありました。その研究対象はナチのユダヤ人迫害で、夏休みにアウシュビッツ収容所の研究をしたことを覚えています。人が人をどこまで物として扱うことができるのか、という関心だと解説すれば、芸能人に熱を上げているタイプよりかなり人間理解への探究心が旺盛と評価できるでしょう。その大衆文化としてグロテスクな小説や映画が流行します。平凡な現実の生活への刺激でもあることでしょう。

性的関心も同じ。男子中学生が女性に興味持つ。普通です。それをどう表現するかによって気にすればいいのです。興味持ったら変というわけではありません。ファンタジーで楽しむことと、それを実行に移すことではまったく次元が違うのです。まあ大人だってそれは同じ。どんな真面目な人だって妄想することはあるだろうし、妄想したって犯罪にはなりません。

大人が一緒に話し合って昇華していくことが、青少年の健全育成です。ただ眉をひそめて禁止するだけでは彼らの欲求を解決できません。子どもたちは大人を試すので大げさな話もしますが、わいわいといいながら健全な性教育へ導くことが大切です。

エロもグロも明るく?

« 親があっても子は育つ?? | トップページ | 箕田地区文化祭 »

コメント

私は小学校の高学年から「◯◯殺人事件」というような小説にグンとはまりました。それから探偵ものなどよくあるレールからちょっとはずれて、父親がもっていた検視解剖の第1人者、上野正彦さんの「死体は語る」にかなり影響を受けました。
「こういう風な死体は、一見Aが原因で死んだように見えるが、よく観察して解剖してみると実はBが死因」とか、へぇ〜っと衝撃を受け、今では世間に公表された死刑執行の様子を書いた本とか興味深く読んだ覚えがあります。
中学3年の卒業文集で、「自分は10年後何をしていると思うか?」の問いのところに「殺人事件を起こしているかも」と書いたのを思い出しました。まあ、中学校はかなり面白くなくて、冷めていたし、ストレスもあったから、自分の中でそれもあり…と納得して書いたのも覚えています。
でも、まあ何とか人並みに生きているみたい(笑)!

カオルさんの意外な面にビックリ!!私はかなり遅くなってからそういうのに興味持ち始めた方かも・・・。長男が生き物好きで、一緒に居ると今まで知らなかった場面にも出合います。公園の孔雀に草等の餌を子供達が与えているのですが、そこへ長男が興味本位でカマキリを差し出すと、それまで飼い慣らされ大人しかった孔雀が突然野生に返り、獰猛な姿を見せます。その場は一気に緊張感が高まります。その様子を見て、「野生ってスゴい!」と大人の私も興奮してます。
一方で長男のその残虐性が、正常な範囲なのかどうかいつも悩んでいます(対象は大抵昆虫で、色々な方法で殺します)。幼児のうちでも考え方としては同じで、それが外に出てれば問題ないのでしょうか?
最初のうちは、うちの子だけが変?・・・と思い、止めさせようと躍起になってましたが、今の対応としては成長課程と開き直り、小言程度にとどめています。どうなんでしょう?

広場の立ち話なんで、簡単にお答えできない気もしますが、敢えてコメントさせていただくと、私は心配いらないと思いますよ。

小学生になれば、命の大切さを理解するようになります。それ以降の残虐行為はちょっと心配なサイン。まだまだ幼児さんなんだから。

個人的な経験談ですが、私の父は子どもの頃いっぱい小動物を苛めたり殺したりしたと、言ってましたよ。私はしたことありませんが。純粋に好奇心で許される時代と、小言言い続けて見守っていたらいいと思います。

カオルさんや私はやっぱり人の心の「ダークサイド」に目が行ってしまうタイプなのかな。でもダークサイドなことやってないし。ねっ!

真面目です、きれいですという顔して、人はどれほど悪徳を重ねているかと考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グロは悪いか?:

« 親があっても子は育つ?? | トップページ | 箕田地区文化祭 »