無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 秘密基地計画(1) | トップページ | 虐待になってる? »

サリュ乳幼児・学童合同開催

今日はジェフリーすずか研修室でサロン・サリュを開催しました。ふぁすの予防教育プログラムのメインイベントとして、ずっと続けてきましたが、今年度の後半は学童期・思春期の保護者も本格的な相談の前に予防的に小さな気がかりを気楽に話し合うサロンが必要という意見から会場を広いジェフリーに移して隔月開催しています。

始めてこられる方も数名みえて、常連さんもいっしょにファシリテーターはわいわい。

これは控えのなっきーから見た印象ですが、日ごろ学校現場で活動しているスタッフは、心なしか予防教育のサリュが気軽に楽しめているような。そんなことありませんでした?何より予防は大切なプログラムなのですが、それでも直接に問題を抱える親子の切迫感や無力感に比べると、サリュに来られる親子のなんと健康なことでしょう。「ここに来られる時点であなた方は大丈夫」となっきーがいつも言いますが、それを実感しているのはスタッフではないかと最近しみじみ思います。

親子関係のこじれは中学まで行くと本人の自我や周りの価値観も植えつけられて、なかなか結び目がほどけません。誰もがふとサリュを思い出し、考え込む前に来てもらえるようになったら素敵です。親も子もきっと楽になれるはず。

そんな予防の見えない重要性を改めて感じたサリュでした。

なっきーは反省会の後、鈴鹿市子ども家庭支援室のケースワーカーのありちゃんと打ち合わせしました。ありちゃんはサリュの立ち上げスタッフだったふぁすの同窓生です。今、虐待と闘う最前線で顔を合わせて「今日はサリュだったんだよ」「ジェフリーにいたんだってね」とおしゃべりしながら、解決したい問題を話し合いました。悲惨な話よりやっぱりサリュの方が楽しいに決まってる・・・。

サロンサリュ1月は乳幼児グループと学童期グループの合同開催の予定です。お友達を一緒に気軽に参加ください。ふぁすのナニーもお待ちしています。

« 秘密基地計画(1) | トップページ | 虐待になってる? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サリュ乳幼児・学童合同開催:

« 秘密基地計画(1) | トップページ | 虐待になってる? »