無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« お仕事開始 | トップページ | 三足のわらじ »

生涯学習振興基本計画審議会

平成19年度だったと記憶しているが、第二次生涯学習審議会が開催されたとき、すでに三重県社会教育委員だったので、審議委員に就任して会議に参加した。偶然にも教育長会代表で鈴鹿の教育長も同席だった。

今回第3次三重県生涯学習振興基本計画が策定されるまで、県の社会教育委員の会議では、3年近く論議されてきた、各市町の社会教育委員や関係者のネットワーク作りが必要だという意見が、盛り込まれている。

ふぁすの裏方スタッフが(って、なっちだけど)助けてくれて、第40回東海北陸社会教育研究大会三重大会のサイトを、全国の大会に先駆けて立ち上げたとき、本当はもう少しフランクに関係者の声をつづったり意見交換できるようなブログ形式でやりたいと思ったが、実現しなかった。しかし一方的な広報でなく、相互の連携やネットワークこそ、人と人をつなぐ社会教育の命という当時の会長の熱い思いも語られていて、それが今回の基本計画に生きているということを知っている。

社会教育って、本当に、人と人のつながりだものね。行政用語なので言葉は難しいけど、そういうことが書いてあるものなのですよ。

自分が加わって意見を出した施策の審議をするのも妙だけど、今一度その精神を訴えていくべきかと心得ている。

3年前の審議会では、私は当時ふぁすの活動だった「家族草野球チームグローリー」を写真入りで紹介して、アスリート養成ではなく、素朴な草野球の復興を唱えた。

その後、各地で、体育協会主催の、親子スポーツ教室が開催されるようになった。スポーツの基本を身につけ、家族で気軽に親しんでもらうためのスポーツ教室が実現されるようになって、評判も良い。

今回の会議でどんなことが発言できるのか、まず説明を聞くことになる。やっぱり国も力を入れている、学校・家庭・地域の連携の話題になるだろうか。そうしたらSMAP支援を紹介して推進を唱えることになるのかな。

それとも生涯学習のプロトタイプとしてのママゼミを鈴鹿市で開催していることを伝えようかな。グループミーティングの楽しさなどを紹介できたらいいなと思う。

ふぁすで一人ひとりが楽しみながら集まって学んでいくアトリエのような場が、あちこちにできたらいいだろうと思うので。その理念をきちんと説明できないといけないな。皆さんのやっていることがこんな風につながっていくって、素晴らしいことですね。

« お仕事開始 | トップページ | 三足のわらじ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/38379320

この記事へのトラックバック一覧です: 生涯学習振興基本計画審議会:

« お仕事開始 | トップページ | 三足のわらじ »