無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« チアーズクラブとふぁすのご縁 | トップページ | ふぁす本格始動 »

着任しました

今日は今年から勤務することになった中学校へお邪魔しました。

中庭の桜が満開でとても美しかったです。1年生のクラスを回って自己紹介をさせてもらいましたが、まだ緊張解けぬ新入生に負けず、自分も緊張してました。

新しい校舎や顔ぶれに対する期待と不安をこうして新入生と共感できるということは大事なことだなあと思いました。右も左もわからない校舎内。案内図を見ているときさくにあいさつしてくれる上級生には、本当に自分が新入生のような頼もしさを感じました。

職員室にはかつて勤務した学校でご一緒していただいた先生のお顔も見えて、本当に心強かったです。SCも7年目になりますが、毎日職員室に入るときには、気合を入れている私。

ちょっと外の人でもある今の姿勢を失わないこともSCたる資質として必要かも知れません。

新入生の緊張と戸惑いもさることながら、相談に来られる保護者の、緊張した気持ちや重い足を忘れてはならないと日々かみ締めています。上から目線のつもりがなくても何気ない一言で傷つく親子は多いもの。いちいち負けてもいられないといえばそうですが、ここ一番ではけんかも辞さないじゃじゃ馬SCでも繊細さを失ったら「おっかないおばさんSC」

ガラス細工のような繊細さも、ひまわりのような明るさも、雑草のようなしぶとさも、そして窓から舞い降りてくるひとひらの桜の花びらのような優雅さもある人の心の味わいを楽しみながら今年も頑張ろうと思います。

驚いたのは着任早々、支援室が整備されていること。それも今年になって作られたと聞きます。それから関係職員が一同に情報を共有する「支援会議」も時間に入れてもらってあります。まるで私が言い出すことを先読みしたようなインフラ整備。(何か怖い噂でもまわったのかしらん?)おかげで早速に少人数教室の別室登校に向いている生徒に声が掛けられます。

緊張もするけれど、やっぱり新しい出会いが楽しみになってきました。ひとりで家にこもっている子や、家から出られない子を抱える保護者の気持ちが楽になりますように。一緒に考えて進みましょう!

« チアーズクラブとふぁすのご縁 | トップページ | ふぁす本格始動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着任しました:

« チアーズクラブとふぁすのご縁 | トップページ | ふぁす本格始動 »