無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« ネモスピンオフツアー その3:トレッキング | トップページ | わいわいⅥ第二回準備会 »

ネモスピンオフツアー 番外編:おいしい食事

Pap_0184_3 もう一つどうしても紹介して欲しいとリクエストがあったのが、キープ自然学校のシステムです。

自然環境を大切にした食事の方法や、オーガニック素材のうまみたっぷりの美味しい料理。それだけではなく、ネモクラブのような小さな団体でも大事にしてくださって、とても丁寧な対応であること。

今回は、一泊3食というプランにしました。大所帯で昼食を確保する大変さを想定して、二日目の昼食を頼んであったのです。朝ごはんを食べて元気に歩き、午前いっぱいトレッキングを楽しんで、涼しいテラスで一休みして、またお腹一杯ご馳走がいただけて、みんなとても幸せでした。

Pap_0001 写真は、一日目の夕食です。ハンバーグとおひたし(なすとズッキーニ!)それに豆腐汁というメニュー。お肉も高原で育った豚と鶏ということで、うまみがあるハンバーグに子供たちも満足。そうそうカラメルソースのパンプディングもデザートに出ました。

Pap_0185

朝は焼きたてパンに、これもオーガニックな野菜やハムをはさんでオープンサンド。野菜のスープにはつぶつぶが入っているので尋ねると、キビだということでした。もちろんおいしいジャージー牛乳もたっぷりビンに入ってます。

貸切のダイニングにみんなで座って、料理の説明を聞いて、あいさつをしっかりして、お互いにサービスしながらわいわいと食事ができる大家族的な温かさをたっぷり味わいながらも本格的な料理に舌鼓。グルメなテリーさんもバルタンさんもこれなら納得?

Pap_0121 足が痛くなるほど歩いたトレッキングのあとは、お肉がたっぷり乗ったミートソーススパゲティでキッズも大満足。デザートのバナナヨーグルトがまたおいしいの。そっか、あのジャージー牛のヨーグルトだものね。

Pap_0122 食事の楽しさは半分は会話。個食の問題の大きさを、改めて考えさせられるダイニングでした。

Pap_0124

バルタン星の豪快な食事も楽しいけど、準備してもらえてお腹一杯食べられる楽しさも、本当に嬉しいと主婦たち。ヘラとボールに残飯を捨てることで無駄なゴミを流さない工夫を体験して、さっそくバルタン星でも実践しようということに。

館内の写真は、テリーさんが取ってくれていたら、またの機会にアップしますね。

キープの周りにはまだまだたくさん歩きたいところがあるし、食事を「行動食」に変更できるので、(ネモではお弁当を通常「行動食」と呼んでますが、自然学校のしおりにも「行動食に変更可」と書かれています。)次回はここのお弁当を持って美しの森や天女山へハイキングに行くのもいいなあと、話し合っていました。

キープ自然学校のサイトはこちら。10名から団体としてこの施設を借りられます。中部地方からは遠いのが難点ですが、パパさんたちは無線や携帯でラリーごっこして走る楽しさも味わったようですよ。いづれにしても体力と知力が勝負。奥さんもナビしてあげてね。

練習積んで、また山梨で会いましょう。

涼しい風に吹かれて「あーずっといたいなあ」とつぶやくなっきーでした。

« ネモスピンオフツアー その3:トレッキング | トップページ | わいわいⅥ第二回準備会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネモスピンオフツアー 番外編:おいしい食事:

« ネモスピンオフツアー その3:トレッキング | トップページ | わいわいⅥ第二回準備会 »