無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 学校管理職にエール | トップページ | 鈴鹿市セミナー第二回 »

SCの休日

土曜日はほとんど寝ていました。久々に金曜のSCの仕事が詰まっていたから。3件の相談と2つの会議がどうして6時間の勤務時間に収まるのかは秘密ですが。朝一番から外国籍の保護者に、必死のボディランゲージで説明するのに、体力が。

二つの会議も知能の限りを尽くして現状分析と今後の支援室のあり方を整理。

午後の相談はまたまた熱意あふれるご両親のお二方に、納得してもらえるまで説明を。だって大事なお子さんのことですから。なんでもご心配はおっしゃって、の気持ちで。

幸い、一件のドタキャンで相談が途切れましたが、さて今度は先生方にご報告。コーディネーターの先生が机におられないので、困ったなーと座っていると、昨日もべたぼめした、教頭先生が、私の様子に気づいてくださり、さっと、コーディネーターの代わりに、先生を集めてくださり、報告会をお世話くださる。

それでも学校は生徒や保護者の対応や部活の世話から、下校指導と一日忙しい先生が、動き回っているので、なかなか全員に伝えきれず、SCの仕事として、同じ話を先生ごとに繰り返して伝えている状況。これをしないと絶対校内の認識統一ができないから。

お陰で帰宅する頃には、頭が忙しくてずきずきすることが多いです。翌日もまだすっきりしません。でも身体を動かす方がいいのかな。

日曜の今日は雨もあがったし、散歩がてら出掛けられました。夕飯の買い物をした近所のスーパーを出たところで、なんと現役支援生徒にあちらから声を掛けてもらったので、それは驚き嬉しくなりました。

SCの職務上、もし学外で生徒や保護者に遭遇しても、こちらからは声を掛けないことにしています。声を掛けられたくないかもしれないからです。たまに出会うと目があっても知らん振りする人が多いので、こちらもそれを尊重するのですが、寄ってきて話しかけてくれるなんて、本当にしっかりと関わりができたんだと、なんだかじーん。

菓子パンの一つでも買ってあげたい本心だけど、彼がエコバック持参でテレながらも誇りを持ってしている家事手伝い(中学生の男の子がバック持って夕食材の買出しですよ)している姿を冒涜してはいけないので、「えらいね。がんばれ!」とだけ微笑んで別れました。

また明日から、頑張ろう。彼を見習ってと思います。夜はFISTの検査アセスメントをまとめて報告の準備。まだまだ仕事はあるけれど、倦まずたゆまず、気長に丁寧に続けていきます。いいこともたくさん、あるもんね。

« 学校管理職にエール | トップページ | 鈴鹿市セミナー第二回 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SCの休日:

« 学校管理職にエール | トップページ | 鈴鹿市セミナー第二回 »