無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« アトリエへの案内補足 | トップページ | 人間関係を作るアトリエ »

阿弥陀様のお話・・・

Kyoutorakutou42 先週訪れた京都の禅林寺(通称永観堂)のパンフレットが手元にあり、心に残っているので、心の話として・・・。(写真はネット上で見つけたものをお借りしています)

永観は「ようかん」と読むそうですが、立派なお坊様がこの永観律師。一心不乱にお念仏を唱えて歩いていると未明のお寺で自分の前を歩く人の気配が。困惑して立ち止まっていると、少し先に歩いて立ち止まり振り返ったのは、阿弥陀様であったとか。「永観、遅し」と見返りなされた阿弥陀様のお姿がこのお寺に安置されているのです。ここで言う「遅し」は「遅いよ。早くしなさい。」という言葉ではないようです。現代語訳すると「大丈夫?」というイメージらしいですね。

そしてパンフレットでは、今の時代に我々に、立ち止まり、振り返って待ってあげる、という姿勢があるかと、問いかけられているのです。

先週は男らしさ女らしさも論じ合ったところなので、仏様のお姿の女性的な優しさも心に残っています。流れるような着物の線や静かな表情は、男性の仏が優しさをおび、それが包容力となって顕れているのかなと見つめていました。

戦いの神様とかは勇ましいですが、人を救う仏の姿は男であっても穏やかでじっと受止めてくれる、やっぱり両性具有なのかなあ。

深まる秋に、じっくりと物事を考える機会になりました。もちろん考えて行動することも大切。

« アトリエへの案内補足 | トップページ | 人間関係を作るアトリエ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/43120618

この記事へのトラックバック一覧です: 阿弥陀様のお話・・・:

« アトリエへの案内補足 | トップページ | 人間関係を作るアトリエ »