無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 「人間関係トレーニング」開催案内 | トップページ | 人間関係を体験学習する »

「適切に叱る」から「交流分析」へ

今週8日の木曜日は今年最後のアトリエ活動。フォーラム「適切に叱る」です。明日が返信締め切りなので、まだ迷っておられる方もみえるかも知れません。気ぜわしくなってきた師走です。

ふぁすのスタッフミーティングでは、現在、12月11日ジェフリーを会場として開かれる「こども支援ネットワーク鈴鹿」の主催の研修会の準備と、1月の「人間関係トレーニング」と、やはり1月の14・15日で三重県の子ども未来室主催の「わくわくフェスタ」出展の準備で、一層忙しい感じです。

その中でも、ふぁす本来の活動を大切にしようと申し合わせて、アトリエ活動には、基本的にみんなが参加するようにしています。今回の「適切に叱る」というテーマのフォーラムは、とてもよく考えられたテーマです。

なぜかと言うと、まず6月の子育て支援セミナーのタイトルが「ほめて育てるって?」というものでしたね?ほめるって難しいなあと感じておられる方対象でした。ほめて育てるものは自尊心です。叱ると身に着くのは社会性ですとお話しました。

その流れで親なびでは、叱ることの難しさを「枠」と「子供の発達の理解」で解いていこうとしました。具体的な叱り方をぜひ聞きたいというリクエストもありました。

その延長に、ママゼミで精神的虐待を学び、自分のこととして叱りすぎていないかを振り返りました。今回は具体的な叱るコツを考えたいと思いますし、それが年明けのアトリエ「交流分析」につながっていきます。

あなたのその、発言。「叱る」になってませんよ。なぜかって?・・・というお話が、交流分析で聞けます。ぜひ風邪なんかひかないで、集まりましょうね。ママゼミの予定は1月26日。

その前には人間関係トレーニングがジェフリーで開催されます。年明けも忙しいですよ。

キャラメルポップコーンも作んなくちゃだし。仕事はいつするんだろ。まあ、なんとかなるでしょう。なっきーも元気に頑張ります。ご一緒しましょう!

« 「人間関係トレーニング」開催案内 | トップページ | 人間関係を体験学習する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「適切に叱る」から「交流分析」へ:

« 「人間関係トレーニング」開催案内 | トップページ | 人間関係を体験学習する »