無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« H24ネモ始動 | トップページ | 出会いと別れの季節 »

公園遊びに思う

ここ数日、ずいぶん暖かくなりました。でも街の中の桜はまだ咲きそうにないですね。今年は入学式に間に合うのかしら。

卒業・入学の季節。お盆やお正月は混むので、この時期に帰省している人もいます。のんびりしている人の方が少ないのかしら。

昨日は、なっちといっちゃんが子どもを公園で遊ばせながら打ち合わせするということで、近所(というか家の前)の公園にいたので、私も乱入。子ども達もネモであう仲間がいると聞いて飛び出していきました。

ふぁすキッズが10名ほど、3歳から17歳までみんなでドッジボールや鬼ごっこ。おしゃべりしながら見ていると、ちびちゃんには手加減したり、かばってあげながら、みんなが楽しくゲームをしていました。

ふと、それがこのごろ見かけなくなった「異年齢集団」の再現と気づきました。

公園で一緒に遊ぶといってもゲームをして過ごす子ども達。一人で家にこもっているよりはましかも知れませんが。

少し前には、何人もいるのに、交替でピッチャーとバッターをやっている子どもを見かけて驚いたことがあります。ヒーローだけを変わりばんこに演じるのが友達?なぜみんなで野球をしないのか、不思議な光景でした。

でも今目の前で歓声をあげて遊んでいるのは、異年齢集団の無邪気なゲーム。ふぁすキッズが理想的な仲間作りを自分達でしている姿に、安堵しました。それを当然のように見守る自分の仲間も誇りに思いました。

親同士も異年齢でつながっているからかな。

ともすると、内輪内輪の仲間に固まる現代の母親達を見て育つ子ども達は男女に関わらず、狭い関係に固まって、そこで失敗するとただちに居場所を失って不登校となることが相談でもよくあがってきます。

広い関係を心がけましょう。

お天気の良い公園で思い切り遊んで夕寝している子どもは高校生だけど、春休みも膨大な宿題に追われて、つかの間リフレッシュできたようです。年下の仲間に感謝です。

« H24ネモ始動 | トップページ | 出会いと別れの季節 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/44693210

この記事へのトラックバック一覧です: 公園遊びに思う:

« H24ネモ始動 | トップページ | 出会いと別れの季節 »