無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« KMB48? | トップページ | 学校へGO! »

「出会えたことを忘れはしない」

1「ありがとうの会」やりました。朝からそわそわどきどき、緊張した面持ちのスタッフが集まり、生徒達も先生の指導のもと、調理室にこもってお料理をしている様子。支援員も分かれて支援室でお仕事する者と、色紙にメッセージを張る作業をする者。

段取りよく運び、4限が終わる頃、調理室で生徒たちの手作りのチラシ寿司をご馳走になりました。そしてお昼休みに音楽室が空いたので、準備とリハーサルに入らせてもらい・・・。

最初のメニュー、ホワイトデーのプレゼントをビンゴ大会で。そして色紙の授与式。これは今三年生が練習している卒業証書授与式のチャレンジ版になり、支援生徒のセレモニーのトレーニングになったようです。BGMがSMAP支援員が歌う「桜の木になろう」。

これまでの活動の写真がスライドショーとなって流れる中、支援室担当の先生の声で一人ひとりに手渡ししました。

そして支援員が一旦下がり、衣装を付ける間、支援室立ち上げの馴れ初めの話をしようと、心つもりしていたところ、来賓で校長・教頭先生が座ってらっしゃるのに面くらいつつ、でもお二人の強い後押しが無ければ実現しなかった、この部屋と支援スタッフのことを生徒達に伝えました。

「ここは一つのステップ。みんなこのままじゃないよね。」彼ら確かにうなずきました。春はもうすぐ。みんな新しい世界へ飛び出す準備はできているようです。

2 そこで、しんみりした雰囲気一点するため、スカーフをバンダナに巻き変えて、Tシャツになって、ギターを取り出し、「ワン、ツー」でゆずの歌が。ルーシーのハーモニカの先導で、スタッフ入場しつつ、「青い空、白い雲、勇気をもって踏み出そう」と歌が始まりました。

控え室でかぶり物が恥ずかしいと言っていたスタッフだけど、みんな一緒なら、怖くない?元気に「また会える日まで」の大合唱。

それから、今度は生徒達のプレゼントの番。一人ずつに、花束と手作りクッキーがプレゼントされました。そしてみんなで記念撮影。

3 最後はスタッフがトンネルを作って生徒を送り出しました。

素晴らしいのはどちらかが一方的にしてもらうのではなく、スタッフと在室生徒の相互のパーティであったこと。互いにサプライズなプレゼントをもらって、してもらう喜びと、してあげられる喜びをもらうこと。力を合わせて、精一杯取り組んだ至福の時間となりました。

スナップ写真の表情を見てください。「輝く星に誓うよ。出会えたことを忘れはしない。また会う日まで。」

« KMB48? | トップページ | 学校へGO! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出会えたことを忘れはしない」:

« KMB48? | トップページ | 学校へGO! »