無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« イエローレシートで支援室を補助 | トップページ | 始まりの時期 »

「学びの環境づくり支援事業」

H24年度のスクールカウンセラー活用事業のための連絡会が開催され出席してきました。本年度から国の予算で「学びの環境づくり支援事業」として、中学校区の小学校を同じSCがみるという取り組みが始まり、県内15中学校区がモデル校区として指定されました。

私が勤務してきた支援室がある中学校も、市内のモデル校として指定され、今日は3つの小学校の担当者も顔を会わせて勤務日を話し合って決めました。

向こう4年間継続勤務して小学校から中学校へ送り出し、適切な引継ぎが可能となります。これまで小学校へのSCの配置が遅れていて、予防する方が効果が大きいと声をあげてきましたが、それが実現することになりました。

小学校でのSCが効果をあげれば結局中学校の問題も減り、小学校も中学校も嬉しい話です。

本来なら今年で3年目、満期になる年でしたが、この新事業の指定校となったことで、新たに4年間勤務することができるようになったので、腰をすえて予防や啓発に取り組むことができます。

責任は重いですが、コーディネーターの先生と「とても楽しみですね」と笑顔で別れました。

校内支援室にはまだまだ課題もありますが、一つずつ課題が解決されていく確かな手ごたえを感じています。

« イエローレシートで支援室を補助 | トップページ | 始まりの時期 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「学びの環境づくり支援事業」:

« イエローレシートで支援室を補助 | トップページ | 始まりの時期 »