無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 一人の人として・・・ | トップページ | 嵐の後に »

相談員へエール

蒸し暑いですね。台風近づいてますね。

学校のプールが始まったと、相談員に行ってる仲間が話題に。子供以上にエキサナイトしてますよ。小学校の先生は大変ですよね。
注文やダメ出しは、簡単ですが、みなさんよその子とプール入れますか?
一緒にプール入ってくれる先生や支援者を、私は尊敬しますね。

さて、プールや、日頃の学級活動に入っていると、相談員も我が子が学校でどんな風に過ごしているか、目に浮かぶのでは。
こんな口ごたえしてるのかな、とか、こんな意地悪に会ってるのかな、とか、我が子と重なってしまう子にも出会うことでしょうね。

もしかしたら小学生のときの自分に出会ってしまうかも知れません。様々なドラマを文字通り生きてる子どもたちの世界を壊さないことが大切です。
そんな風に垣間見られる仕事は収入としての仕事とは別の、家族との出会い直しの場として、実践・実習の場として、大切にしてください。

私も小学校であちこち回らせてもらってます。
どの子もかわいいし、自分の子の姿が重なる子もいるし、親の顔が浮かぶ子もいます。
教育という仕事は、本当に価値があるとわかったのは、子育てしてみてからですね。

教えるのが下手な先生を助けるかのように、クラスが動くこともあるのを見ると、クラスはグループなんだと実感。まさにグループプロセス。
また職員というグループにも生きたプロセスが。

LMで鍛えた、関わりながらの観察のスキルと、適切なフィードバック、明るく開放的な
パーソナリティで学校という集団でファシリテーションをして下さい。コアスタッフの皆さん。

一人では、自信ないという方は、グループ支援のSMAPで腕を磨きましょう!

たしかこっちはプールはないはず。うーん、どうだろ。

« 一人の人として・・・ | トップページ | 嵐の後に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/45705228

この記事へのトラックバック一覧です: 相談員へエール:

« 一人の人として・・・ | トップページ | 嵐の後に »