無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 睡眠と脳 | トップページ | 肉ニック! »

組体操に思う

今日は小学校の勤務でした。

どこでも今の季節は運動会の練習で一生懸命。今日は子どもの観察ということで体育館で練習している組体操のクラスを見学したのですが。

おりしもピラミッドの指導真っ最中。なんと言っても運動会のハイライトですが、練習は想像以上に過酷で真剣でした。

先生が何人もついて、大声で声を掛けています。崩れたら大怪我になるので、教員も必死。児童もみんな顔を真っ赤にして頑張っていました。

本番であのシーンを見るといつも感動で胸が一杯になるけど、やはり裏にはこんなに努力があるのですね。正直知りませんでした。

こっちで太鼓を叩いて合図を出している先生がいると思うと、あっちでは突然怒声が。ふざけていた児童を叱っているようです。

「お前は他のみんなを危険にさらしてるんだぞ。みんな命がけなんだ。真剣にやれ!」

一生懸命叱ってくれる先生。彼は幸せだなあと思いました。今叱られたことがこれから大人になっていくとき、必ず思い出されることでしょう。

見れば不器用な子も気の散りやすい子も入念にグループに組まれていて、一人ひとりが自分の力にあわせたポジションをちゃんと作ってもらっています。先生って凄いなあ。たとえどんなモンスターな親の子でも、子どものことは大事に思っているものなんですよ。親には悩まされていてもね。それを実感するような組体操の練習シーンでした。

わが子で12回小学校の運動会を見てきたけれど、練習を見せてもらって初めて理解しました。感動をありがとう。

« 睡眠と脳 | トップページ | 肉ニック! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組体操に思う:

« 睡眠と脳 | トップページ | 肉ニック! »