無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« Fist | トップページ | わいわいⅦ反省会とネモ「秋みつけの散策」 »

小学校SC

undefined 知性の高さ、つまりIQと自己実現には相関はない。研究によると、ノーベル賞受賞者には天才はいないらしい。IQ120くらいで確かに平均よりは高い知性の持ち主が多いが、才能とは知能でなく、どれほど好きか、であるという。「好きこそものの上手なれ」ということらしい。

それにも関わらず、親は子の知性が高い方が絶対幸せだと思ってしまう。そこに苦しみが起きる。

身体の大きさと悩みの深さにも、もちろん相関がないから、小学校のSCは簡単そうに見えるのももちろん錯覚だ。

子どもは泣くものだ、と思い込みで見ると、「泣くほど苦しい」を見落としてしまう。

しかし、教室での学科学習を放棄しては学年が上がるほどに、復帰が難しくなる。

どこまで追い込むべきか、表現が拙い小学生の発達支援は本当に見極めが難しい。

力を問われる小学校SC。

複雑な気持ちで軽い昼食を取り、午後から二校目の学校に向かった。

またそこにも、資質か環境か、じっくり見極める仕事が待っている。

« Fist | トップページ | わいわいⅦ反省会とネモ「秋みつけの散策」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学校SC:

« Fist | トップページ | わいわいⅦ反省会とネモ「秋みつけの散策」 »