無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« フォーラムまとめ | トップページ | 今週木曜日、アトリエ企画ミーティング »

伸び盛り、実りの時、それぞれ

Photogrid_1369610413769 こんにちは。なっきーです。

お天気に恵まれた週末でしたね。また一週間が始まりました。

先週のフォーラムの様子を聞いて、菜園の野菜たちを思い浮かべポートレートをコラージュしてみました。

野菜を例にとってみても、自然の摂理がいろいろ教えてくれます。それをはずれた無理なことをしようとするとなかなかうまく行かないことがおおいと、野菜たちが教えてくれます。

日照や気温によって発芽や成長がみな違うので、今だけを切り取ると、写真のように、双葉が出たばかりの物から、葉の茂った物、小さな実がなり始めたもの、食べ時の実をつけたもの、今から実をならせるために、力を蓄えている物、すでに一仕事終えて次の世代を育てようとしている物、私からみるとまるでアトリエに集まってくるみなさんそっくり。

今だけを見て、たわわになる実をうらやむ必要はない、ということです。

それぞれに花を咲かせたり身をつけたりする時期が違うし、その実も地下になるものから枝からぶら下がる物までいろいろ。比べようもないわけですから。

ただ、それでは生るに任せればよいかと言うと、タイミングを見て水をあげたり、雑草を抜いてあげたり、これがまさにサポート、ファシリテーションなわけですね。「促進」「支援」が必要なら的確なタイミングや方法を知っている方がいいわけです。

コンパニオンプラントという言葉がありますが、野菜でも相性のよしあしがあるらしく、例えば背が高く育つ物の陰にレタスなどの葉物を植えるとよいとか、ほうれん草は肥料の偏食が多い奴で、あとにナスを植えると食べ残しの肥料成分を食べてくれるだとか、それもまるで教室の子どもたちの関係みたい。一人だけを育てるよりもみんなの中で力を貸したり貸してもらったりして実らせよと自然が教えてくれています。

それで結果菜園がみんな豊かに実ったらいいなあと、麦藁帽子被って今日もぼーっと菜園に座っているなっきーなのでした。

« フォーラムまとめ | トップページ | 今週木曜日、アトリエ企画ミーティング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1019967/51791551

この記事へのトラックバック一覧です: 伸び盛り、実りの時、それぞれ:

« フォーラムまとめ | トップページ | 今週木曜日、アトリエ企画ミーティング »