無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

「竿から釣り」下見行ってきました

20130630_142205_508 こんにちは。なっきーです。

もうすぐ七夕ですね。今日はネモのSWATチームで、来週6日の第三回例会の下見をしました。今回は「竿から釣り体験」ということで、まず、実際に笹を取ってきて、釣竿を作れるのか、その竿で本当に魚がつれるのか、実験です。

そうそう、虫なんかがいるかどうかもチェックのためイロイロ準備していきました。先に言うと、虫などはいませんのでご安心を。

20130630_084728_275 今日はベテラン隊員だけなので、トイレ掃除をやってもらいました。来週みんなが気持ちよく使えるように。

20130630_085800_99本日のランチは手軽で涼しいサンドイッチの予定で、この通り食材を準備。ハムやらチーズやらは冷蔵庫に入れて、まずは笹を取りに出発。

20130630_093659_474 バルタンさんが手際よく切ってくれて、笹の枝を払います。まず裏側から刃を入れておくと、綺麗に枝が払える。もともと、「裏切り」とは作業を手際よく運ぶための知恵を指す言葉だったのだと、講義を受けながら、作業が進みます。なるほど~と隊員感心しきり。

20130630_095350_570 さらに長さや太さを見ながら竿の調整をして糸や針を付けていきます。

20130630_095517_648 各自マイ竿製作中。

20130630_102815_979 握り柄の部分をカスタマイズ。でもキリがないので今日のところは適当にきりあげてもらい・・・そろそろ釣りに行ってみましょうか。

20130630_102800_395 今日の餌はイクラとソーセージ。本当に釣れるかな?

20130630_105251_452 細くて小さな針や長い竿の扱いに苦戦しながら、近くの川で竿を出してみました。

20130630_115915_567 小さな「はえ」という魚でしたが、1時間半で15匹以上釣れました!来週のために、今回は全てリリース。来週も釣れてくれるといいですね。

20130630_134017_637 午後からはのんびりと、ウエルカムディスプレイの笹飾りを作りました。これは織姫と彦星。バルタン先生が釣竿の他に、笹飾り用の竹も取ってくれたので、願い事を書いたり、折り紙で飾ったり。なんだか久々にこんなにのんびり遊びました。

20130630_094850_500 おいしそうな野生の木苺も実る季節です。来週みんなで収穫しよう。お天気がよくなるといいですね。みんな元気に集まってください!

アトリエ PE「ファシリテーターって何?」でした。

こんにちは。カオルです。
今日のアトリエはPE(プロセスエデュケーション)「ファシリテーター(FT)って何?」でした。
 ふぁすのママゼミではお馴染みになったFTですが、一般にはあまりピンと来ないかもしれません。FTとはつまり「場の促進者」。会議などで議題に沿って内容を整理し、話を円滑に進めるように促していく人がいると、進み方も、そして参加者の充実感もかなり違ってくるものです。
司会ではないけれども、裏の立て役者といったところでしょうか。
私たち主婦でも日常に応用できる、その役割について学びました。

 

20130627_112649_195 今日の参加者は、FT経験者や、FTの居る場を経験したことのある人など7名。FTというと「気が張る」「どう口を出していく?」などと苦手意識の強い人が多い中、もーちゃんのFTミニ講座で、その役割や介入の仕方をあらためて整理していきました。

 

20130627_111934_277 進行を円滑にするためにといって、指示的な言動で進めればいいというものでもないし、参加者の立場を重視して、一歩引いておき、流れに応じて適切に口を挟むという方法もあれば、「ただそこに居る」という、放任的なFTもあるようです。その人が居るだけで場の雰囲気が違う、ということもありますよね。様々な介入の仕方があり、頭ではわかったつもりでも、やはり一回一回”場”が違うわけですから、難しいです。

 

20130627_111947_693 そのあと、2グループに分かれて、そのうち一人がFTをやってみるという設定で、用意してもらった4つのFT体験実習を行いました。
 問いに対する個人の意見を、最終的にグループの意見としてまとめていく、という「コンセンサス(合意)」の実習では、答えを出すことが目標ではなく、そのプロセスに目を向けて、自分の意見をしっかり伝えられたか、納得して意見を変えられたか、など、参加者自身の振り返りをすると共に、グループの中で話を引っ張っていた人が「私、強引じゃない?」と皆に確認したり、「あなたの意見はどう?」と話を振る、さりげない言葉がけなどが場の雰囲気を大きく変えていくことに気づかされました。答えが出なくても、そのプロセスに充実感を感じ、納得できたと答える人もいました。

 また、他人の意見をじっくり聞くことで、こんなに考え方が違うのか、考える前の前提が違うんだなあなどの気付きがあったことも重要なのですが、FTとして観察すると、「あの人のひと言で話の流れが変わった!」とか「時間配分は大丈夫?」「あの人はあまりしゃべっていないなあ」というような、違う視点からの発見がありました。
 最後に実習を通してそれぞれに描いた「私の旗」は、気持ちや目標などを言葉や絵で表すのですが、皆さん自分の苦手さを充分認識されていて、それでも前向きに克服しようという意欲にあふれていました。ハートマークの絵が多かったのは、今回が楽しかったから、そしてそういう暖かい充実感を求め、感じているからなのでしょうね。

 

20130627_112724_562 子どもの勉強を見る時だって、怒るだけでなく、一歩引いて上手に援助していくこと、それもFT。家族円満にしていくためのさりげない言葉かけだってファシリテーションです。そう考えると、日常、あちこちで使える気付きと技術。応用の仕方を考えるだけでも、賢いお母さんになった気がするのは私だけでしょうか?!

資料作成

20130626_081650_285 今日は一日雨だったので、家にこもって資料を作っていました。

たくさんの臨床発達の講座の資料やネットサーフィンをして写真などを探して、納得のいくスライドやレジュメを作りたいと思います。

今まで、スライド資料を出しませんでしたが、4日のアカデミーでは書き込みもできるようにプリント配布します。これから校正して、印刷になります。

一つ一つ丁寧に手作りのアカデミー。新しい方に出会えることも楽しみですが、今回は初めての有料講座ですから、コストにも満足してもらえるような内容にしたいと気持ちを引き締めています。

スタッフの参加者の皆さんにも手分けで助けてもらっています。講座の知識は私が東京や名古屋などに足を運んで日本の第一人者と言われる先生の講演を、まとめて使っている最新の研究ですから情報の新鮮さというところがバリューだと考えています。

つまりテレビやネットの細切れ情報ではなく、系統だった発達心理学の最先端の研究を講演なさっている先生から直に聞いてきた耳より情報。そこには、学会への参加の交通費や大会参加費も必要なので、情報の価値をご理解くださいね。

いつものように楽しく進めましょう!

メールフォームで申し込みくださった、まだ見ぬ仲間に会える事を何より楽しみにしています。

今週のアトリエは、PE「ファシリテーターって何?」

こんにちは、いちです。
今週は本格的に梅雨空になるのかしら?と思えば、その様子もなく…。
思い切った雨が今年は少ないですね。水不足が心配です。

今週のアトリエは、プロセスエデュケーション「ファシリテーターって何?」です。
最近よく耳にする「ファシリテーター」について、前半はミニ講義でお勉強。
後半はワクワクドキドキのファシリーテーター実践エクササイズ!!
お勉強モード?ゲーム感覚で?
どちらもです!欲張りな時間になりそうですよ。

”ファシリテーター”のもーちゃんが、資料も準備してくれています。
何だか難しそう…と敬遠しないで。
私達の身近なところでもきっと、役に立ちますよ。

初めてご参加の方は、事前にふぁすオフィシャルメールまで、ご連絡を下さい。

それでは今週も、有意義な時間にしましょう!

我が家風セラピーの工夫をしよう

20130622_102248_458 こんにちは。なっきーです。

20130622_175242_138 先週21日金曜が夏至だったんですね。23日がスーパームーンの満月と聞き、台風が心配になりながらも、海に行きたいと狙っておりました。運よく台風は消滅したので、土曜日に潮干狩り?磯遊びでした。今回は岩牡蠣をゲット。家に帰ってパリ風に菜園のエシャロットとワイン(本当は赤がベスト)と酢で作ったビネガーソースとレモンでいただいたら、文句なしのお味でした。大変な労力の割りに少ないのが難点ですが、採取生活、止むを得ません・・・・。

のんびりしているときに、ふと夏至であったことを知り、6月10日頃に増える怖い事件との関連を考えていました。

事件を起こさないまでも、この梅雨時期には学校などでは校舎のあちこちから、うなり声や叫び声が聞こえてくると子どもたち。つまらない喧嘩も日常茶飯。

ほら、冬場には日照時間と関係のあるヒトの神経伝達物質「セロトニン」が不足して憂鬱になるというじゃありませんか。夏にはそれが過多になって、躁状態を通り越して興奮状態になる人がいても不思議ではないですね。

日本では特に、梅雨でじとじとして不快指数は一気にあがるこの季節。日照時間が最大になり、湿度温度ともに上がる6月中旬は人の感情が不安定になる時なのかなと思います。イライラと怒りっぽくなったりね。

そういう時はお家でも、穏やかな時間や空間を心がけると良いですね。

相談の中でも、自律神経を鎮める方法を考えて提案することが増える時期なので、我が家も「海セラピー」に行きました。

寄せて返す渚の波音以外何も聞こえない静かな浜辺でのんびりするのはとても休まります。

その他にもちろん、温泉やおいしい物を食べるという「快楽ホルモン」刺激作戦など、気がつけば我が家も家族のために手探りでやってきたのかなと気づきました。

年中元気なお子さんもみえるかもしれませんが、テンション上がりやすい時期だけに、大人も子どもも、努めて穏やかに過ごすことを心がけると良いのかもしれませんね。

SASさんの勉強会でした。

20130620_101422_792 こんにちは。なっきーです。

昨日はSASさんの勉強会に参加しました。ふぁすとは発達に気がかりがあるお子さんを抱える保護者の勉強の場という点で似通うところが多く、鈴鹿子ども支援ネットワークでますます連携ができてきたところです。

今回の勉強会はSASさんとしては新入学を控えたお子さんがどのような支援が受けられるのか、鈴鹿市の特別支援教育について、未就学児童保護者と想定されていたようですが、そういう方ばかりではなく、新しくなった鈴鹿市の相談体制について学べるチャンスと30名近くの参加者がありました。

「すずかっこファイル」という支援ファイルを作ってもらうことで、学校や学年が変わっても支援が続けて受けられるようになり、見直しを随時していくことで、常に適切な対応が期待できるということで、直接に特別支援籍に身を置いているいないということに関わらず、大変理解が進んで実のある勉強会でした。

ふぁすの場合、特別な支援が必要かどうか、とっても微妙というようなお子さんをお持ちの方が比較的多いように感じますので、必要に応じてSASとふぁすが連絡を取り合って紹介しあえるようになっているのがネットワークの効果というところでしょうか。

足並みを揃えて、7月4日には支援ファイルがいるかより前の、相談にいくべきかを迷っていらっしゃる方々に対してお話をする「子どもの気がかりアカデミー」を開催します。

保護者同士で情報を伝えてあげたり学校支援の相談員やボランティアで知り合った中から相談につながっていくことも多いと思うので、当事者か否かに関わらず、多くの方に足を運んでいただきたいと思います。SASさんも丁寧にふぁすのアカデミーの紹介をしてくださって、嬉しかったです。

鈴鹿市子ども家庭支援室の溝口先生の「どうしたらお子さんにとって一番いいのかを、一緒に考えて行きましょう」という温かくて力強い言葉が印象的でした。みんなの願いは一つです!声を掛け合ってつながっていきましょう。

まだ申し込みできますよ。アカデミー

Academy1 空梅雨かと思いきや、またいきなり降ってますね。明日はSASさんの公開研修で楽しみにしているのに、足元悪くて、その後のランチはお預けかなあ?あ、なっきーです。

SASさんとの連携でふぁすの方はグレーなのかもわからない?というわが子の気がかりのために開催するアカデミーです。「子どもの気がかりアカデミー」。

また、この講座は子ども支援に携わる方の発達障害の基礎知識にもなるように考えていますので、わが子のためでもよその子のためでもお勉強にいらしてください。まだお席があります。

引き続き募集していますので、申し込みフォームからどうぞ。こちらから。

6/27(木) アトリエ P・E 「ファシリテーターって何?」

こんにちは、いちです。
毎日蒸し暑いですね。元気にお過ごしでしょうか。
今年はこのまま、梅雨も明けていくのかと思われるお天気ですね。

6/27(木)は、プロセス・エデュケーション「ファシリテーターって何?」を開催いたします。
「ファシリテーション」や「ファシリテーター」という言葉、最近はよく耳にしますね。ふぁすでも度々使っています。もしくは、あまり耳慣れない方もいらっしゃるでしょうか。
その、度々登場するファシリテーターですが、一体何をする人なのでしょう?

ファシリテーションは促進と言う意味。ファシリテーターは促進者。
促進者って何をするの?何がどんな場面で生かせるの?まずは知ることから始めてみましょう!

最近では、プロセス・エデュケーションでいつもファシリーテーターを務めてくれているもーちゃんが、今回はミニ講議をしてくれます。
講議のあとには、体験学習としてのエクササイズもありますよ。
どんな会になるのか、わくわくします。

会員さんには後日、連絡網を配信致します。今回は資料が出ますので、出欠をご連絡下さい。
始めての方は、初回体験できますので、事前にふぁすのオフィシャルメールまでご連絡を下さい。
よろしくお願い致します。

ネモクラブ第二回例会「水晶堀」

20130616_102519_573 こんにちは。

昨日は雨上がりの水晶堀でした。恐れていた蛭の襲撃にも合いましたが、みんな経験値あげたね。アドレナリン全開で一気に山を上ってので、川につくと皆息切れしていましたが、それにも増して、石を掘ろうとみんなやる気満々?ということで、掘ってます。

20130616_103503_167 今回はリアルの虫系苦手な草食系男子出席率低く、肉食系?女子パワー炸裂でしたが、それを裏付ける「へび体験」掴んでいるのはもちろん女子!ま、「こっち、もって来やんといて!」と叫んでいる女子もいましたが。

20130616_125444_50 基地に帰っても、叩く叩くの女子会??いえいえ、こうして石の中に紛れている、透明度の高い部分を掘り出しているのです。それから、磨いて加工すると、

20130616_131234_219 ほら、この通り、すてきなペンダントトップに。お友達の分、というところが女の子。

もう一つの、話題。人によっては水晶よりもこっちに夢中だったようですが、

20130616_131457_254 基地までお持ち帰りしていた人からはがした蛭です。二人ほど流血してました。怖いですね。

はっと気づいたら足元から何匹も昇ってくるあの恐怖。それでもみんな冷静に歩き続けて、大事に至らずに済みました。トレジャーハンターは危険!

来月はもう少し健全に、平和に、遊びましょう。川で魚釣りの予定です。もちろんネモクラブの魚釣りと言ったら、「竿から」が常識。お楽しみに。

「心に残った本フォーラム」でした

こんにちは、いちです。
13日は、「心に残った本フォーラム」でした。

それぞれの心の中の印象に残っている本を紹介しながら、そこにある想いを語り合う会でした。
参加された方の中には、本が大好きで…という方もいれば、実は活字が苦手で…という方もいらっしゃいました。
それでも皆さん、「本」をキーワードに集まってきてくれて、新しい方も含め、10名での開催でした。

今回はジャンルを問わなかったので、実にみなさん、多岐にわたる種類の本をご持参くださり、中には一人で10冊も越えるかというくらいの本を紹介してくれた方もいらっしゃいました。
絵本、育児本、小説、詩集、エッセイ、漫画…本当にたくさんの種類があるのですね。

たくさんの種類があるのですが、何故その本に惹かれるのか、何故そのフレーズが胸をつかんで離さないのか、などを聞いていると、どこかにみんな、共通項がある様な気がしました。
「暗殺教室」ー「おこだてませんように」ー「だまされるな」ー「はやくはやくっていわないで」ー「育てたように子は育つ」ー「リンゴは赤じゃない」
紹介して頂いた本の一部ですが、題名だけでは、共通項??って思います。
しかし、相手のありのままを受け止めたいと願っている気持ちとか、でもそれがとても難しいこととか、そういったところで葛藤しているのは、みんな同じだなぁと思いました。
I’m OK,You’re OK . そうありたい。

一方で、同じ本を読んでも、その時のその人の立場とか気持ちの状態で、感じ方は違ったりするものですね。
ビビッとする時、自分のその時の心情を映し出している様に思います。
なので、こうして自分のお気に入りの本を紹介することは、まるで自分の心を裸にされている様にも感じて、私は、少し気恥ずかしい思いも覚えました。
本との出会いは、自分の心と本のフレーズが共鳴し合って、惹かれあってる、そんな気がします。
まるで人との出会いみたいですね。

もちろんこれは、私一個人の感想です。


「忙」の字は、「心を亡くす」って書くね、なんて話も出ましたが、みなさんちゃんと、心に肥料あげてます。
毎日忙しい中でも、しっかりアンテナを張って、自分の心にビビッときたものは、逃さずキャッチしている姿勢はさすが!!と感じました。
会の最後にも、時間の限り、紹介してもらった本を手にとって、見て、お互いの本を交換している姿がありました。
こうしてもっともっと、自分の世界が、みんなの世界が、広がっていくのですね。
またやりましょう。

警報の時のアトリエ開催について(お知らせ)

こんにちは、いちです。

明日13日の木曜日は、アトリエ活動の日。
「心に残った本フォーラム」を開催予定です。みなさんの心に留めてある大事な本、そんな本を持ち寄って、紹介し合って語り合って。
またひとつ、自分の世界が広がるかと、わくわくしています…が、台風心配をする季節なんですね。

今後の台風などの警報時のアトリエについて、この機会にお伝えします。

当日の朝7時の時点で警報が発令された場合は、アトリエは中止となります。
警報発令のない場合は原則実施しますので、参加は各自のご判断にお任せ致しますが、ご自宅付近の状況にあわせて、どうかご無理のない様にお願い致します。

中止の場合には当日朝、会員さんへは連絡網でも配信致しますので、よろしくお願いします。

明日はどうやら事なきを得られそう。無事に実施、皆さんにお会いできることを祈って…(*^_^*)

家庭教育学級講演

Img_0451 昨日は鈴鹿市立若松小学校のPTA家庭教育学級講演にお邪魔しました。

昨年に続いて思春期に向かう子どもを持つ親の心構えについて、お話をさせていただきました。子どもの心も身体も日々変化していく中で、ふと立ち止まって考えてもらう時間になればと思います。

最近の話題としては、DJポリスと騒がれたお巡りさんが、若者が従いやすい指示の出し方をした例などをお話しました。頭ごなしに言っても駄目なときは、ユーモア交え、こちらの心情なども伝えて訴えていくとお互い気持ちよく過ごせますね。

二度目ですと言いながら熱心に聴いてくださるリピーター保護者もみえました。私にも確かに顔に見覚えが。そういうふれあいが感じられる家庭教育学級を大事にしたいですね。

家庭教育学級って、学校では教えられない家庭教育について学ぶ場所。とっても大事なんですよ。

よろしければご参考に。お声を掛けていただいたら、喜んでお伺いします!

若松小学校のPTA役員さん、先生方、お世話になりました。

イライラする時期なんです。

梅雨空ですね。

こんにちは。なっきーです。

先週末頃から、落ち着かない気持ちになる中学生の話がいろいろ耳に入りました。

新聞によると、12年前の6月8日は大阪池田小事件でしたし、5年前は秋葉原の無差別殺傷事件。去年は10日心斎橋で通り魔事件がありました。今年もアメリカサンタモニカの大学で7日銃の乱射により4人が死亡と、同じ新聞が報じています。

中国では7日にバスに放火、47名死亡。国内でも火災や放火の記事が増えるのは不思議です。

「イライラする」「火をつけたい」と中学生が口走ったりする季節なので、要注意です。アメリカでの銃乱射は別に季節限定ということもないのかもしれませんが、蒸し暑くなる時期は、誰もが不快になり、イライラします。

社会心理実験でも単純に気温が上がると人は怒りっぽくなると言われているので、方々で怒鳴り声や不機嫌な態度が見られるのです。

生理的なものなのだろうと思いますので、お互いにこの時期は、言葉や態度を慎み、できればトラブルを避けるようにしましょう。

夜間に女性が一人歩きをするのも避け、人ごみで他人にぶつかったりしないよう、ちょっとした防衛態度を身につけるよう、ぜひこの季節には家庭内で注意をしあうことをお勧めします。

気づけば家の中でもなんとなく・・・気をつけよう!お互いに。

SASさん主催講演会の紹介

こんにちは。なっきーです。

今日は鈴鹿子ども支援ネットワーク会議などで仲良くしていただいているSAS(鈴鹿自閉症勉強会)から案内が届いたので、ご紹介します。

関心のある方はぜひどうぞ。お問い合わせなどについてはSASさんにお願いします。

以下がSASさんの広報です。

特別支援教育が始まり、今年でちょうど6年目になります。鈴鹿市も、0歳から18歳まで途切れない支援をしようと、平成22年度に子ども家庭支援室が開設され、更に今年度から、相談窓口の一元化となり私達保護者も子供に関する相談窓口を迷うことが少なくなると思います。子ども家庭支援室から先生をお迎えして、特別支援教育についての勉強会を開きます。

なるほど!!特別支援教育!~鈴鹿市の特別支援教育の取り組みと目指すところ~

幼稚園・保育園から小学校、小学校から中学校、中学校から先の進路はどのようになっているのか、
知っているようで知らない事が沢山あると思います。どんな小さな疑問でも、スッキリ解消して、子どもたちの進路を考えてみませんか?もしかしたら、同じ疑問を持っている方がみえるかもしれませんし、各学校の情報も得られるかもしれませんので、是非参加してみて下さい。

日時 : 平成25年6月20日(木曜日)10:00~12:00場所 : 鈴鹿市社会福祉センター2階 大広間講師 : 鈴鹿市子ども家庭支援室 溝口 忍 先生参加費 200円 12:00~15:00 までは和室にておしゃべり会参加資格は問いません。お子様連れでの参加もOKです。

3回シリーズ 発達に支援の必要な子への関わり方 
子どもの発達が気がかりになっているけど、どうかかわったら良いのかわからない。子どもに、何度言っても上手く通じていないような気がする。お友達とのトラブルが多い。ちょっとしたコツで、上手くいくかもしれません。
子ども家庭支援室の 瀬井 より子 先生 を講師に迎え、3回シリーズで子どもとのかかわり方を教えて頂きます。

日時 : 第1回 7月10日(水曜日) 10:00~12:00場所 : 鈴鹿市社会福祉センター2階 中会議室参加費 : 200円第2回 9月19日(木曜日) 10:00~12:00第3回 11月21日(木曜日) 10:00~12:00場所 : いづれも部屋は未定ですが、社会福祉センターで行います。3回とも、12:00~15:00までは午前中の振り返りと、おしゃべり会を開きます。※障がいの認定の有無や、療育手帳の有無は問いません。お子様連れでの参加もOKです。3回通してでも、1回だけの参加でも大丈夫です。

※10月17日は「発達障がい体感してみよう」鈴鹿キャラバン隊の公演を予定。発達障がいの子の住みにくさや、不思議な行動の理由を体験して納得してみませんか?

ミーティング

undefined

ミーティングでした。 新しい事業やアトリエについて、じっくり話し合いました。 イベントに追われるのではなく、こうしてしっかり考えて進めるのが、ふぁすらしさですね。

嬉しいな

こんにちは。なっきーです。

今年は勤務先の学校でカウンセラー便りを出すことになり、出勤日が定着してきた6月から発行したところです。

まずは自己紹介と相談室の案内が創刊号でした。先程、Face Book に見知らぬ名前の人から友達申請が。
なんとお便りを見た生徒からメッセージです。

気さくに声を書けてくれるなんて嬉しいなあ。
出会いが無限にあるのが、学校勤務の幸せですね。

勉強してます!

Photogrid_1370157004699 こんにちは。なっきーです。

お天気良いですが、今日は暑いですかね?我が家は海辺なので、とても涼しい風が海から吹いてくるのですが。ただしもう一ヶ月もするとこれがじとじと蒸し暑くて、エアコンなかったら耐えられなくなりますけどね。

今日は菜園にいても半そでじゃ寒いくらい。

さて、昨日は臨床発達心理士になって初めての東海支部総会というのがあったので、参加してみました。臨床心理士や臨床発達心理士という資格は、品質維持のために資格更新までに研修会や学会に参加したり発表して一定のポイントを貯めなければいけないのです。一時期資格マニアという人たちが取得して満足していることがあったので、業務に生かすために常に研鑽を深めているかチェックしないと資格更新してもらえないということなのです。もちろんそうあるべきですよね。

それで東海支部の事務局がある名古屋の星が丘椙山女学園大学へ午後から研修に行ってきました。人前でお話をすることが多いけれど、やはりプロの先生のお話は深く、聞きやすく、面白くて聞き入ってしまいました。岐阜大学別府哲先生による「高機能自閉症児の自他理解と支援」というタイトルで、自閉の子たちには曖昧さを理解してもらうのが難しいので言葉よりもイメージつまり物や場面の画像を見せること、としてパワーポイントも順に言葉が出てくるみやすいスライドでした。

今週からぽつぽつ始まってくる講演の勉強にもなりました。

新参者なのであんまり張り切らず、研修は前半で退出して食べそびれたお昼の変わりに星が丘テラスのハワイアンカフェでチキンをおやつに。そして今聞いたお話を反芻していましたが、どちらかというと保護者の視点で聞いていた自分に気づきました。

そこへメールが。9月に千葉大学開催の全国心理士会で、SMAP支援の報告が実践発表として審査を通ったという知らせです。まあちょっと修正がありますが。

楽しくてためになる講演を聴き、実践報告のチャンスもできて、さっそく皆さんにも伝えたいなあとわくわくして帰りの電車に乗りました。

本当の専門家たちは自ら学び、研究を続けています。それでこそ新しい情報を与える引き出しが空にならないもの。今に満足して守りに入ってしまうと、主婦はどんどん世界が狭くなって頭も固くなっちゃいます。新しい学びや刺激を常に受け入れる姿勢って大事だなあと思いました。

金曜からお休みなしなので、今日は少し休み、また明日から頑張ります。皆さんも元気に行きましょう!

水晶堀試掘行きました

20130601_132445_339 こんにちは。

なっきーです。入梅して心配していましたが、週末お天気が好転。中学生以上のSWAT隊で16日水晶堀の試掘に行ってみました。過去二度行っていますが、土砂崩れなどで地形が変化して思うように作業がはかどらないことを考えて、今回は先発によるリサーチというわけです。探せば石はまだまだありますよ!ネモクラブのみなさん、お楽しみに。

20130601_091613_493 こんな謎の地図を見て、打ち合わせてメンバー出発。

20130601_093636_823 今回初参加の中学生もいるので、自己紹介などもしあいながらいつもの調子で歩き始めます。季節は梅雨ですが、山の中はまだ涼しく、雑草も少ないので、虫などの心配はないかななどとおしゃべり。

20130601_110952_919 光合成をせず、腐った生物死体や他の木の養分の上に育つという不思議な植物「銀竜草(ぎんりょうそう)」を発見して盛り上がる。幽霊茸とか水晶蘭とかの別名もあり。白く透けてなんとも不思議な花もあるものです。

日本邸宅の庭に作った滝のような造作的な場所には「中庭」、布引の滝のような瀬には「カーテンの滝」などネモオリジナルの地名を付けながら歩き、とうとう「水晶の谷」に到着。それからは必死に探索しているため、残念ながら写真なし。

20130601_111058_786 今回は鉱脈の元を探して、どのあたりに石が多いかなども慎重にリサーチしました。そしていくつか大きめの石を拾って下山。

20130601_111214_140 帰りの「カーテンの滝」でスナップ。ところが山の中では虫らしい虫もおらず、沢蟹などを追いかけて遊んでいた隊員たちでしたが、車を回すところで這い回る虫を見ていると、地表でうごめくいくつもの蛭を発見。あわてて車に乗り込むと、すでに付着している物もあり、ちょっとパニックに。基地に戻って再チェックすると、やはり靴下まで進入している蛭が見つかって、ここでは虫除けの効果を実験してみたりしました。幸い吸血はされてなかったので大事に至らず一安心。

20130601_124057_92 テンションは上がっていますが、ひとまずバーベキューで腹ごしらえと行きます。今回は総勢6名と身内的な顔ぶれなのでホストゲストの関係もなく、お茶の間的にだじゃれなんかを言いながら食事を摂りました。

それから午後は本格的に研磨と装飾の作業。

20130601_133627_329 おうちにお土産にしたいとペーパーで丁寧に磨く子も。

20130601_135222_114 クリスタルには科学を超えたパワーが存在します。お守りになるのでネックレスを作りました。身につけておうちに帰りましょう。

20130601_164141_272 蛭騒動で盛り上がり、きれいな石を見つけて盛り上がり、満足していたのですが、家でお風呂に入ろうとした娘が体についているダニを発見!もし感染していると死亡例もある最近のダニ。またまたパニック!!

もちろん水晶堀に限ったことではありませんが、本当の自然の中で遊ぶって、リスクもたくさんあります。今回のリサーチでは鉱脈の元や探すべき石のタイプなどがわかり、本番でご案内ができると思うのですが、その一方で、害虫などの対策についても学びました。やはり服装をしっかりと整え、帽子や長袖長ズボンでしっかりガードしていきましょう!

16日はネモクラブで水晶堀本番の予定です。どきどきわくわく、楽しみましょう。

6/13のアトリエ活動決定!「心に残った本フォーラム」

こんにちは、いちです。
梅雨に入ったんですね、なっきー。

梅雨入りした途端、この湿度!!
「梅雨」というと、ジトジト・ベタベタ、そんなイメージだけで重くなっちゃいそうですが、熟した梅の実にしとしと雨が当たって、今にも梅のいい香りがしてきそう、ついでに梅酒のほんのりとした甘さも想像して…少しは素敵なイメージに変わったでしょうか(笑)

先日はアトリエ企画ミーティングでした。
今まで開催したアトリエの中から上がってきたリクエスト、疑問などをどんなふうに学修としておこなえるかを話し合いましたが、湿度も吹き飛ぶ、熱のこもった話し合いが繰り広げられ、充実した時間となりました。
今年はそんな感じで、毎度毎度の企画を委員会で話し合ってから決めているので、少々お時間も頂いて、決まっていくのはゆっくりペースですが、意外なところから面白そうな提案もあり、今後がますます楽しみです。
2時間の産みの苦しみを経て(?)、ようやく次回のアトリエを皆さんにお伝えできます!

さて次回は6/13(木)、フォーラム「心に残った本フォーラム」をおこないます。
今年度に入りフォーラム続きではありますが、今回は少し趣向を変えて、今までに出会った中で「印象に残った本」をテーマに皆さんに持ち寄って頂き、紹介し合い、それらの本について語り合おう!という会です。
「本」とは言っておりますが、ご自身の心に留まったものであれば、雑誌の切り抜きや新聞の切り抜きからでも構いません。
10:00~12:00、箕田公民館小会議室にて。


会員の方には、後日連絡網配信致します。
始めてご興味持って頂いた方は、初回無料で体験頂けますので、ふぁすのオフィシャルメールまで、事前にご連絡を下さい。
担当が対応させて頂きます。

体調が気になる時期ですが、元気に集まりましょう。
どんな方達と出会えるのか、どんな本に出会えるのか、楽しみにしています。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »