無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

学びの芽

undefined こんにちは。なっきーです。小学校の運動会は、先週と今週でだいたい終わるようですね。

本当に暑かったですが、夏が終わり、秋が深まっていきます。もう、9月も最後?

夏野菜が終わった菜園も耕運機をかけて、秋の野菜の種を蒔きました。

可愛らしいサニーレタスの芽が出ています。

何度でも、種を蒔けば芽が出ますが、時期を間違えると、種はだんまり。

なんでも、タイミングというものはあるものです。

お子さんの運動会も終わり、私たちも落ち着いて、学びの芽を育てませんか? 新しいことを知り、じっくり考えるふぁすの学び。 ご一緒にどうぞ!

「いじめっ子の心理学」レポート

こんばんは、やまです。

木曜日は、なっきー講師によるママゼミ「いじめっ子の心理学」でした。初めての方や、久しぶりの顔ぶれもみられ、総勢13名で聴き入りました。
前半で、「いじめと意地悪の違い」、「学童期と思春期以降のいじめの違い」の他、過去のいじめ事件にもふれて、いじめ事件の背景には、家庭環境が大きく関わっており、そのひずみの蓄積から発火点となってエスカレートしていく等、自分の疑問だったことと結びついて、より理解が深まりました。

いじめっ子の実像として、好奇心、親和表現、上下関係の発生といった、我が子に身についてほしいと思われる、いい意味でのキーワードが出てきて、幼少時のいじめは、発達の過程で現れるひとつの姿であって、そのまま人格につながったり、事件を起こす生徒になるわけではないことを知り、安心できました。

いじめられた子は、またいじめる側にまわるという話もありました。

後半は、コールバーグの道徳性発達を砕いて話してもらい、教える大人が必要で、その教えは積み重ねていくことが大事と締めくくられました。

参加者からは、様々な質問や我が子の悩みが出ましたが、その都度、なるほどと頷ける的確なアドバイスをしていただき、質問者だけでなく参加者の心にも響く、得ることの多い時間でした。

家庭で気をつけることとして、私なりに理解したことをあげます。
家庭の方針が厳しすぎるのも、ゆるすぎになってもダメで、その年齢に応じたり、柔軟な頭で切り替えができるように子供と向き合い、「何かあったら言ってね」の親子関係ができていないといけない。その為には、いじめは巻き込まれる心配もあるから、子どもに寄り添って、事例を取って一緒に悩んだり味方になって考えることが大事。道徳観を子どもに教える際には、大人の側の道徳レベルを自己チェックしなければいけない。この自己チェックに、私はドキッとし、自分の道徳レベルに自信喪失でした。また、5年生~中2くらいまでの女の子や思春期の子の事例は、より複雑であったり過敏であるので大変。カウンセリングにきている子と話す気持ちで子どもにむかうというアドバイスや、どうすることもできない、わからない問題や、負の連鎖に陥ることは、スパッと止める、切り替えるというアドバイス、昇華という言葉、子どもが頑張れる栄養分を家庭でつくってやるというのも印象に残りました。

今回、いじめっ子の心理を学び、道徳観のズレが摩擦を生むことや、子どもたちを取り巻く社会は、大人のミニマムモデルであるなど、いろいろなことを考えさせられましたが、私自身を含む大人の道徳心の乏しさが浮き彫りになったように思います。体や年齢は大人だが、精神面が大人になりきれていないということなの?そういえば小学校時代には道徳の授業があった。それが中学に入るといつの間にかなくなっていたような。大事なことは、途中でやめない、時間をかけての積み重ねだったのに…。子どもに教える大人になるためには、自分が道徳心を高める努力や学びを続けていかなければなりません。大人の果たす役目として…。

「心を育てるとは?」「心を動かす体験とは?」と、また新たな疑問もわいてきました。手っ取り早く身近なこれまでのアトリエやネモが頭をよぎる。大丈夫だ。ふぁすはまだまだ続いていくー…。

ママゼミ「いじめっ子の心理学」やりました。

994887_434657959978948_52059494_n

台風一過のさわやかな風の一日でした。今日はアトリエママゼミ「いじめっ子の心理学」

たっぷり2時間、いじめと意地悪の違い、学童期と思春期以降のいじめの違いなどを、コールバーグの道徳性発達の軸で考えました。

いつも写真を撮るのを忘れちゃうね。これは来場された方がご自身のFacebookに投稿されたものをシェアさせてもらいました。

詳しいレポートは後ほど、やまちゃんよりあげてもらいますね。

熱心に聴いてたくさんの質問をだしていただき、ありがとう。お互いに勉強になる、「知の工房(atorie)」らしいママゼミになって、がんばってスライドの資料集めた甲斐がありました。

今回新しく参加された方々もつながってさらにふぁすの学びが深まっていくといいなあと思います。

悩んでいるその時だけではなく、継続的に頭を整理することが大事なんですよ。

お昼からは調理室に移って、企画目白押しの二学期のふぁすのイベントのために、コアスタッフで打ち合わせをしました。お楽しみに!

明日はアトリエ・ママゼミ「いじめっ子の心理学」

こんにちは、いちです。心配していた台風も、事なきを得られそうで一安心です。

明日はアトリエ・ママゼミ「いじめっ子の心理学」。久し振りになっきーが鞭を取ってくれて、講義モードです。スライド、20枚も準備してくれたそうです!!一生懸命聞いて、質問して、みんなで話し合って、充実感いっぱいで、帰りましょう!!よろしくお願い致します。

キャリアアップセミナー申し込み開始です。

鈴鹿市のトピックス

鈴鹿市のホームページにも上がっています。
明日から申し込み開始です。

皆さんのご参加お待ちしてます!

充電してます。

undefined
こんにちは。なっきーです。

運動会やってますか?
なんだかまた台風できて南から蒸し暑い風が流れてきて、暑いですね。

わいわいキャンプから先週の学会発表まで休みがなく、今日は久々に予定がないので、ゆっくり休みました。

キャンプでの男性陣の活躍や、アパートでの息子の手さばきを見て、やる気になったか、ロバートが食事を運んでくれて嬉しい!

が、よく見るとお好み焼きσ(^_^;)?ヘビーな。

でも美味しく頂き、夕方までゆっくり寝ました。

来月はFIST の検査もびっしり入ってくるし、いよいよ週明けからキャリアアップセミナーの募集が始まります。
気合い入れて行きますよ。

とりあえず、今週のママゼミ「いじめっ子の心理学」の講師役担当で久々に皆さんの前でお話しますが、台風の動向が気がかりです。

お会いできると良いですがね。案内にお気をつけ下さい。

アトリエ・ママゼミ『いじめっ子の心理学』

こんにちは、いちです。
朝晩が随分と涼しくなり、急に秋を感じるようになりましたね。
連続猛暑の日々から考えると、頭も体も動き易くなってきましたが、まだまだ疲れの残る体です。
大人も子供も、無理なく過ごせるといいですね。

さて4月から4か月が過ぎ、慣れた教室で子ども達は、毎日をどの様に送っているのでしょうね。
クラスにひとりはいるでしょう、いじめっ子と呼ばれる子達。我が子がイジワルされた話などを聞くと、親としてはやきもきしますね。
うちの子も他所の子にイジワルしてないかしら?!と気になったり…。

9/26は、ママゼミ『いじめっ子の心理学』を開催いたします。
大抵の人は、我が子がいじめられるのも、いじめる側になるのも、良しとしないでしょう。
では、何故いじめるのか。いじめっ子の心の中を勉強することで、根本的な問題がどこにあるのか、私たちはそれにどう対処したらよいのか、じっくり考えてみましょう。
今回は講義形式の勉強会です。

興味をもって頂いて、体験でご参加いただく場合は、ふぁすのオフィシャルメールまで、ご連絡下さい。
それではまた、アトリエで!!

キャリアアップセミナー=人間関係トレーニング

Carrier いよいよ情報公開となりました。今年もやります。人間関係トレーニング。

今年は、社会進出する女性を応援するため、組織でリーダーシップを発揮できるスキルを身につけてもらうという願いをこめて「魅力あるリーダーになろう!」というタイトルで実施します。

実習と解説をたっぷりと入れた3回シリーズです。三回の実習が一貫したプログラムになっています。

10月17日、31日、11月14日の木曜日。ジェフリーすずか研修室にて10時スタートです。

申し込みは24日から始まります。ジェフリーへ電話かメールで直接お申し込みください。先着30名定員です。もちろん託児もありますので、お早めに。

〒513-0801 三重県鈴鹿市神戸二丁目15番18号(かんべ再開発ビル3F)  地図
TEL 059-381-3113 FAX 059-381-3119 E-mail danjokyodosankaku@city.suzuka.lg.jp
鈴鹿市生活安全部男女共同参画課(男女共同参画センター)

どんなにお仕事ができても、人間関係でつまづいてしまうことがありますよね。地域や職場で活躍できる人が増えることを願っています。

ファシリテーターはなっきー&もーちゃんのコンビでお待ちしています。ふぁすを知らないお友達を誘うチャンスでもあります。たくさんのご参加をお待ちしています。

キャリアアップセミナーのリーフレットはこちらからも↓

「careerup.pdf.pdf」をダウンロード

アトリエ会議カラオケMIX


undefined

いや、まあ、ナイスなタイトルを付けてもらいました。

ちゃんと9時半から11時の間はテレビを止めて、アトリエ会議したんですよ。

それにしても、なっきー的には、やはり、「カラオケセラピー 」ってのは、アリだと思います。

声を出し、発散します。
歌のリズムや響きが直接刺激になりますし、無意識に選ぶ曲や歌詞に共感するものあり。

途中から変な心理分析ごっこになって、なっきー自身皆を煙に撒くためレパートリー広げたりしましたが。

〆が「天城越え 」になっちゃって、皆さんコケてました。

とにかく、色々あるけど、歌うとすっきり!

仕事が立て込んでる人はすっきりできなかっあも知れませんが、また行きましょ!\(^o^)/

学会発表物語!!・後編

20130915_111425_2541

20130915_111658_1711一日目の行きの車窓から見た東京スカイツリーの写真です。数分後には雲の中に入ってしまいました。

低く垂れ込めた黒い雨雲がどんどん南から北へ流れていくのが見えて、普段車通勤が多い自分はずっと外をみているのが楽しかったですが、さすがにこれではどうなるのかという一日でした。

二日目はとりあえず開催、自己責任で気をつけて来場くださいというスタンスの学会。発表者でなければ無理に出かけませんが、たくさんの人にお世話になってここまで資料を作り機会をもらったのでプロとしてやり遂げなければと家を出ました。

20130916_074534_809ところが二日目、近畿で猛烈な雨を降らせていましたが、東京はまだあまり雨は降っていません。小田急は今日は遅れなしでしたが、都内に入るころに交通情報の中で、相模川の橋が強風で通行不能となり、橋の東西で折り返し運転になったとわかり、戻るに戻れないということになりました。台風は西から来るので東に向かって走る限り逃げ続ける計算。

とりあえず少し早く着いたので新宿の南口から高層ビル群の写真を撮り、駅に戻ろうとすると、数十メートルの間で土砂降りにあい、ずぶぬれに。ビルの写真では道が乾いていて、みんな傘をささずに歩いているでしょ?数分後の駅前のカメラクルーの写真は

20130916_074757_455ほら、べたべた。いよいよ台風本体の雲がかかってきたのか、突風と横殴りの雨になってきたのです。駅前に何社も取材のクルーがいました。交通機関が麻痺することろを取材するのでしょうか。私、これからどうなるの?とどきどきしながらも、JR総武線に乗車。

20130916_075536_531新宿14番線ホームは山の手線と総武線のホームです。すいてるよね?やはり。遅延はないということなので、乗車しましたが、徐々に風雨が強まり、東に向かうにも隅田川や荒川を越えていくため、橋に差し掛かると徐行運転になり、電車はどんどん遅れていきます。

20130916_110817_310余裕を持って出たつもりが、会場には午前の発表開始の10分前ぎりぎりの到着で、会場に着くとすでに席にぎっしり聴講者が着席していて、急いでスライドをメモリからパソコンに移して資料を会場担当者に手渡して自分が座ると始まりました。私は30分ずつ3人の発表の二番目なので、最初の発表を聞きながら頭のなかでリハーサルしていました。

まあ、ここまできたら居直るしかないので、発表はいつものとおり、スライドに沿って説明をしました。知っている人がいないと緊張はしません。ただ、スライドに不具合が一箇所でて、支援室登校者の欠席が激減したグラフが出ませんでした。これはショックでしたが、レジュメには書いてあるので口頭で補足して発表が終わり、コメントの先生から、アドバイスをもらい自分の番が終わったのでした。

登校日数が増えたり、学校で過ごせるようになるということは臨床として素晴らしいと言って頂きましたが研究としてはもっと効果を数値としてわかりやすく測定するほうが良いということだったと思います。

20130916_110813_182会場では大きくうなずきながら聴いてくださる方が多く、終了後にプロセスエデュケーションの図書や津村先生について尋ねてこられる方があったりして手ごたえを感じて嬉しかったです。発表が終わり休憩時間にスライドが投影されたままになっているのに気づきました。私の後にも発表があったからスライドは私の分は閉じられたはずでしたが、最後の写真を会場係りが気に入ってくれたかしら?

1それはこのオムライスの写真でした。

午前の二つ目のプログラム、実践セミナーでは大御所の先生が関西から到着できず、若手の先生方の即興劇という形になりましたが、「発達と育ち」はどう違うのかというような命題をみんなで考える時間となり、聞き入りながら自分なりに考えていました。

20130916_132147_553しかし、台風の方が気にかかり、午後の講演はあきらめて電車があるうちに帰宅することにしました。既に往路に使った総武線は全線で運休になっていて、高架を走らない京成電鉄で上野まで行けば山の手線は走っていると情報。東京以西を調べると、徐行ながら小田急は運転再開しているとわかったので、暴風の中へ出て歩きました。

途中の駅で都営地下鉄新宿線に乗り換え、午後いっぱい掛かって秦野に戻りましたが、千葉からもちらちらと雲が切れて富士山が見えています。都会の人には興味がないのか誰も気づきません。私一人キョロキョロして不審者?

20130916_165403_752秦野の駅にロバートが迎えに来てくれて、アパートに着くと息子が「地中海風海鮮料理」とガーリックパンで夕食を食べさせてくれました。頭痛がしてましたが癒されました。

そしてちらちら顔出していた富士山は夕方には素晴らしい逆光富士を見せてくれました。

20130916_172821_24古い安アパートなんですが、彼の部屋と風呂場からこの景色が楽しめるのってすごいなーと大喜び。よく昔の銭湯には富士山の壁画がありましたが、彼の風呂は借景ガチ富士!

そしてそこから少し休んで、また東名をミニパジェロで走って帰ってきたのでした。

発表に至るまで、県教委、市教委、学校長と指導者の鈴鹿医療科学大学の渡邉先生に、大変お世話になり、家族に協力をしてもらって、無事に行ってきました。

臨床発達心理士の資格ポイントのためだけだったらできないチャレンジで、SMAP支援を全国に伝えたい一心でがんばれました。

留守を守ってくれた、ふぁすのコアスタッフの皆さんと、台風の自宅を守ってくれた下の二人の子どもたち。たくさんの人にお世話になりました。みんなありがとう!!

学会発表物語?・前編

こんにちは。なっきーです。

大変な風雨でしたが、皆さんご無事ですか?

なっきーはあのお天気の中、お出かけしていました。今日はそのレポートをお届けします。

20130914_011047_438 金曜の仕事のあと一眠りして、夜中に第二東名を走り、まずは長男のアパート神奈川県秦野市まで。5時ころついて、なか卯で朝食、昼前まで寝ました。

それから、夏休み中止めてあった冷蔵庫を掃除し、来る就職活動の際に必要となる「アイロン」を買いに、リサイクルショップへ行ったりして過ごしました。

20130914_190652_604 いろいろがんばった夏休みのごほうびに大人三人で乾杯。

台風の気配を気にしつつ、なっきーはこの春取得した臨床発達心理士の研究会に出席するため上京したのでした。

20130915_090953_972 翌朝は、湘南地方の土砂災害警戒情報の災害配信メールで目覚めたのでした。大会は西千葉にある千葉大学で開催されます。とりあえず一日目は開催しますとの発表なので、電車に乗りますが、すでに徐行運転に入り、新宿まで通常の2倍の2時間かかってしまいました。

なっきーは千葉に行くと決まって、もとジュニアスタッフのカオリンに連絡を取っていて、今日はランチしようと約束していたので、なんとしても行かねばなりません!(爆

午後の講演に間に合うよう、ランチの時間も決めてあるので、遅れるとおしゃべりの時間が減ってしまいます。冷や汗もので時計とにらめっこでした。

でも関東の電鉄がすごいなあと感心したのは、会社を問わず運休がでると振り替え輸送してもらえることと、特急を止めて庶民の足である急行と普通電車を走らせること。実は先日の豪雨で地元の近鉄が二箇所で寸断されて折り返し運転になったとき、特急電車に特急料金なしで乗客を乗せて急行停車駅に止めて住民をできる限り運んでくれた話を聞いて感動していたのですが、大震災の帰宅難民の経験をすぐに生かしている鉄道会社の姿勢に感心したのでした。

のろのろ走る電車で、赤ちゃん抱っこ紐で立っている女性に、携帯でちょっとつついて席を譲る若者にも感動。まあ、そんな社会見学をしながら、どうにか千葉の待ち合わせのお店にたどり着いたのでした。

20130915_125459_832 そして、カオリンと再会!!ちっとも変わってないでしょ?ってまだ半年か。都会の子育て事情などを情報交換して、ふぁすの掲示板でおしゃべりの続きをすることを約束したのです。早く帰ってきてほしいな。カオリン。

20130915_122309_772_4 こちらが西千葉駅前STANDさんのパンのプレートランチ。オーガニックなパンとお料理ではちみつも本物の味でした。これで午後の講義をしっかり聞けると元気をもらい、大学へGo

20130915_132652_342 会場に到着しました。全国から800人ほどの臨床発達心理士が集まっているそうです。午後の講演は政府の審議会などで児童福祉のお仕事もなさっている淑徳大学柏女霊峰先生のマクロな視点からみた子ども家庭支援の取り組みについて、児童福祉法が施行されてすでに65年経過して、時代にそぐわなくなってきている点を大幅に見直す新しい福祉の仕組みを作っている途中であるというお話を伺い、とても心強い気持ちになりました。

20130915_170713_360_3 鈴鹿子ども支援ネットワーク会議でも話が出ていた、子ども三法の詳しい内容の説明や鈴鹿を含め全国の市町の9月議会で新しい福祉システムの決議がされて本格的には平成15年の10%となる消費税を財源として拡大されるというお話でした。これは持ち帰ってふぁすのスタッフに伝えなければと真剣にメモしました。後ほど報告します。

20130915_171043_170 発表は明日なのですが、台風は東海から関東を直撃の見込み。一応開催するということなので、なんとしても来なければなりません。

電車が止まってこられなくなった場合の連絡先を確認し、指導者の先生に連絡を取り、帰宅したのでした。

明日はどうなるんだろう・・・つづく。

フォーラム「感情コントロール」

こんにちは、ルーシーです。

二学期初めのアトリエには顔なじみのメンバーに、久しぶりにご一緒できるメンバーもみえ、なごやかな雰囲気の中で進められました。

 
最初に近況報告として夏休みの様子、振り返りなどを思い思いに語っていただきました。
メンバーのお子さんは、小学生から大学生と幅広い年齢。ビッグイベントの旅行や、条件がよく子供と距離をとってすごすことができた人や子供たちがやりたいということへの挑戦の手助け、受験に向けて・・・とそれぞれの家庭、年代で夏休みの過ごし方の違いがあるのもまたとても参考になりました。
 
夏休み前から9月最初のアトリエが「感情コントロール」ということを知っていたのもあってか、皆さんそれぞれに家族と向きあう自分自身を無意識のうちに振り返ることができていた事への気づきもあり。
皆さん、中身の濃い夏を過ごしたということをお互い分かち合い、そこから「じゃぁどうやって、コントロールした?」と話の核心へと。
 
家庭内では、イライラした時には「イライラする」と言葉で伝えることで、周りにいる家族と共有することができる。しかしこのイライラオーラが周りの人に不快な気分をうつしてしまうものでもあり、その人その人のパターンを分かり合い切り替えができていけると良いという話がありました。
態度や話で表現することによって整理でき、、整理がつかない時には自分にあった切り替え方をもっていると良いということも。
また、常に母を意識している子供たちがフォローにまわるということもある。
どれだけ自分を客観的にみられ、自分のくせに気づくことができるか。
 
また、メンバーからはストレスケアについても紹介があり、ホームページにあるストレス度チェックの項目には「自分あてはまる?」とドキドキしながら耳を傾けていました。
自分のストレス度を知ることで「今、私疲れてるんだ。ちょっと力抜いていいかな」と気持ちをほどよい状態に保つことにも役立つというもの。
 
その後は家庭内だけでなく、外での人との関わりの中で揺れ動く自分の感情を、マイナスに向けずプラスのほうへむけるコツ、アドバイス等をだしあうことができました。
自分のかたまり、かたよりがちな思考を柔らかくし、自分自身を大事にして受けいれられるよう、メンバー同士が話し合い、関わり合いのできる貴重な居場所として、このアトリエの時間をこれからも大事にしていこうということも、確認し合うことができました。

ありがとう!~わいわいキャンプⅧVol.5~

3なっきーです。アトリエの写真が入ったので飛んでしまいましたが、最終回、わいわいキャンプⅧのレポートです。

雨の音を聞きながら朝ねぼうした今年のキャンプ。なにしろ時間制限がないので、のんびりと朝食の準備ができます。

恒例となった牛乳パックホットドッグ。簡単、おもしろいの上に、おいしいから続けています。

8自分で調理したホットドッグを牛乳パックに入れて

6ファイヤー!

7_2フルーツも副菜もあり、ゆったりとリッチなキャンプ料理を味わいながら、みんなでわいわいと振り返りました。

次になにをやろう、何が面白かったと大人も子どもも一緒におしゃべりします。家でテレビやゲーム、パソコンに奪われた団欒の時間を思い出したかのような活発なおしゃべり。

みんなで片付け、お掃除をして、今年のわいわいキャンプは閉幕しました。

仲間が揃って工夫したり冒険したり、大人もわくわくどきどきを十分に楽しんだキャンプでした。こどもにしてやった感よりも、大人がさせてもらった感、ありがとう。子どもたち。ありがとうバルタン星。

ネモクラブの活動を、今年は毎月やってきて、わいわいで宿泊したことで、より親しくなれた感じです。

久々に


undefined
こんにちは。
なっきーです。

今日は久々のアトリエで、皆さんにお会いしました。
レポートはまたゆっくり。

午後からはアカデミーの打ち合わせです。
皆さんと学ぶチャンスが二学期はたくさんあります。
楽しみにしてます。

アイスクレープから宴会まで~わいわいキャンプVOL.4~

20130907_211614_661_2おっと失礼、花火よりもアイスクレープが先だったそうです。昼間作って冷やしたアイスクリームが「やばい」と声があがるほどおいしくできていました。

20130907_212011_106さっそくクレープに載せてトッピングをまぜていただきます。

20130907_212214_621「アイスが溶ける!と騒がれて写真が上手に撮れませんでしたが、とってもおいしかったです。

これで一日目は活動を終了して、交代でシャワーを浴びて、あとはリラックスタイム。

20130908_000825_147恒例となった懇親アワーです。バルタン先生の手品ショーから始まり、じっくりと家庭教育論議やつぎのネモのネタなど話題は尽きません。途中雨の音が聞こえてきてもインドアなので問題なし。

20130907_235403_898そうそう、名古屋で走り回ってゲットしてもらった、中津川名物栗きんとんもスイーツに登場。Lineグループに「ネモ女子隊」が編成されて、情報が飛び交い、北は名古屋で栗きんとん、南は津で赤福餅と購入に走ってもらい、キャンプに花を添えてくれました。

ネモ女子隊の機動力、どや!と盛り上がりました。

SNSの使い方は問題視ばかりされるけど、こういう使い方が本来じゃないの?とかいいながら夜は更けていきました。4時??

明日はいよいよ最終回。恒例の牛乳パックホットドッグです。

勇者の儀式からキャンプファイヤーそして花火~わいわいキャンプⅧVol.3~

Imgp0253さて日が暮れました。天気予報はあまり芳しくなかったのですが、雨雲レーダーで雲の様子を見るに、午後7時の通り雨が過ぎるとそのあとしばらく雨は降らない見込み。よし、実行だ。というわけで、仕込みチームが一足先にスタートしてから、子どもたちが手に手に手作りランタンを持って夜道を進みます。

Imgp0254今回は暗い森に続く道を進み森の奥にいる賢者に勇者の灯りをわけてもらうという至ってシンプルなストーリーではあるのですが、何しろ夜の野外。恐怖は倍増です。すでにレギュラークラスの小学生(一人は小3ですが、なんと2歳から参加していたそうです!)大人たちに絶対の信頼があるのでしょうか、それとも早く終えたかったのでしょうか。トップであることもひるまず、スタート。「お友達を捨てて一人で走っちゃだめだよ」という約束をしっかり守り慎重に進んでいきました。

Imgp0258だって、ほら、真っ暗な森には番人が。でも脅かすためにいるのではありません。本当は道をそれないように子どもたちを守ってくれているのです。ちゃんと「こんばんは」と挨拶をして過ぎて行ったそうです。

Imgp0260_2今回はこれまでスタッフ側だった中学生もソロで参加。暗い道を一人で歩く冒険を楽しんでいる様子。そこでなっきー、耳打ちします。

「この暗く先の見えない道は、『人生』だ。君たちは自分の意思で歩くんだよ。そして自分で灯火を手に入れなさい。先の見えない恐怖と戦い、自分の感じることをしっかりと味わっておくといい。これから訪れる人生の試練のときに、今日の恐怖を思い出して戦うことになる。でも知っているでしょう。決して大人は君たちを見捨てない。もし本当に危険ならばいつでも助けを呼べば、君を助けに来る。それを信じて歩いていくといい。」

そこにはなにか厳かな張り詰めた空気が漂っていました。あとから写真見ると、ほら、オーブが!

Imgp0270_2森の奥の賢者と交わされた会話は秘密です。しかし無事灯火を手に入れて集まった勇者たちの顔は、誇らしく晴れ晴れとしていました。さまよえる思春期の若者たちにも何か転機となってくれることを祈ります。

Photoその灯火は大切にバルタン星に持ち帰り、トーチからさらにキャンプファイヤーへと点火されました。見てください。彼らの真剣な表情。

Imgp0279誰も欠けることなくファイヤーを囲みます。一緒にいる心地よさ。

Imgp0281手作りランタンから漏れる火が暖かく見守っています。夜は更けていきますが、あ、忘れちゃいかん。もう一つのわいわいの目玉イベント、それは!

12打ち上げ花火だーー。今年もありがとう。こうちゃんファミリー。

これは内緒なんですが、多くの森の写真に白い泡のような物が写ってます。いわゆるオーブと呼ばれるものです。またファイヤーの写真にはすべてに青い影が。普通なら怖がるところですが、全然そんな気配は感じませんでした。むしろ、何か守られていたような。

あれはきっと、子どもが大好きだったという、バルタン先生のお父様が見守っていてくださったのだろうと、なっきー家では意見がまとまりました。

ベーグルバーガーと赤福氷~わいわいキャンプⅧVol.2~

Imgp0193帰り道は当然びしょぬれ。びしょぬれ体験も楽しく、みんなでわいわいおしゃべりしながら道を下ります。

Imgp0201今回は道端に轢かれている蛇の赤ちゃん発見。途中バルタン星までワープして、それから食事の準備です。

Imgp0204_2今日のお昼はセルフベーグルバーガー。交代で着替えをして食材を準備します。

Imgp0207ハンバーグもパンも大量に料理するので、そういう時はもちろん

Imgp0205お父さんたちの出番。なかにはバーガーショップでのバイト経験のある人もいたりして、話題は広がります。いろんな家庭の経験がここで共有できて、なかなか勉強になる時間です。

Imgp0213いつも家庭で一方的な母親サービスになれてしまう家族が、大家族ならではの役割分担でおしゃべりしながら準備をします。セルフで好みのトッピングをして、

Imgp0211_2みんな揃っていただきます!とがっつり食べます。ジューシーなハンバーグがとってもおいしいと評判良かったです。いろいろ考えて準備した甲斐がありました。

Imgp0217食後のおやつは、かき氷。ここでもお父さんパワー炸裂?

20130907_150226_793_2でも前日までにお母さんが走り回って準備したのは、なんと赤福餅!これを仕込んで・・・

Imgp0219_3赤福氷風かき氷のできあがり。至福のひと時ですね。こういう、ある意味「くだらない」楽しさって家族だけではなかなかしないものでは?普通なら食べにいっちゃうもんね。でもみんなで何かやろうと準備するのが楽しいのです。

Imgp0222が一部の仲間は氷だけでなく、何か混ぜています。これはアイスクリームを作っているところ。

Imgp0225実は夕食後のアイスクレープに載せるアイスクリームを作ってこれから仕込んでおくのです。うまく固まるのかな??どきどき。

Imgp0226夕食前の一仕事は、「勇者の儀式」に使う、マイランプです。地球に優しい空き缶リサイクル。缶をくりぬき、タコ糸の芯を取り付けててんぷら油を入れます。

プルトップ部分で吊るし、上にハーブエッセンスオイルを垂らせば、アロマランプのできあがり。これ、非常災害時にもある物で灯りを作るヒントになるとロバートより講釈あり。試作品作りのために嬉しそうに飲んでいたことは内緒?

さて、夕飯準備だ。そして暗くなったらいよいよ「勇者の儀式」だよ!

シャワークライミング~わいわいキャンプⅧVol,1~

Imgp0119今年で実質通算7度目(一回台風で中止になったので)になる、わいわいキャンプⅧが開催されました。

今年はバルタン星で泊り、じっくりと楽しむキャンプです。

午前のメインイベントは「シャワークライミング」。山登りの格好で沢を上るのです。

Imgp013015名のパーティでフォーメーション組み、川へGo!

Imgp0134数日前の大雨で夏中少なかった川にたっぷりの水が流れ、苔も洗い流されていたため、絶好のコンディションとなりました。本格的なウエットスーツにライフセーバー着用のつわものもいます。一方登山靴や地下足袋といういでたちの人も。

Imgp0145_2足元を川の豊かな水にすくわれないよう、一歩ずつ踏みしめます。全身の筋肉バランスと手足の感覚統合プラス、水に抵抗する浮力も計算に入れて進みます。

Img_27547538699623三つ淵まで行くと、早速飛び込むお父さんの姿が。

Imgp0189それに釣られて若者からお母さんまで次々に飛び込み。冷たい水、飛び込むスリル。日常から解放された高揚感で大人も大興奮で、持参のおにぎりを食べさせることも忘れていました。

おなかがすいてきてので、そろそろバルタン星に戻ります。

明日はお昼の「ベーグルバーグ」をレポートします。

いよいよスタート

undefined
9月のスタッフミーティングでした。

アカデミー事業のセミナーが続く二学期ですが、アトリエ活動が一番基礎です。

みんなの顔を見ると、イライラしていた気持ちが和んだり、ほっと力が抜けたり、居場所として大事にしたいね、と話し合いました。

「みんな、大丈夫なの?」と尋ねる自分が一番肩に力が入っていたりすると、伝わっちゃうものね。

明るく、賑やかに、そしてこだわるところはこだわるふぁすの学びの仲間に、みんなそろそろ戻っておいで!

よろしくお願いしま~す!と(^-^)。

わいわいやりましょう!

アトリエでお会いしましょ!

こんにちは。なっきーです。

いよいよ始まった新学期なのに、雨なんてさえないですね。登校しぶり増えそう・・・。大人だって嫌だよね。雨の中歩いていくなんて。
今日は早く帰ってゆっくり休んでますか。
なっきー家はすでに本格ペースで、お弁当作りも始まってますわ・・・
そして、忙しくなる日々を想定して美容院に走りました。そちらで店内に併設されたエステシャンがサービスとキャンペーンで、ハンドマッサージをしてくれたら、とても楽になりました。
マッサージで血行が良くなって、肩こりとか取れるのですね。
そのお姉さんが私の職業を知らずに、交感神経、副交感神経について解説してくれるのを興味深く聞いていました。
マッサージなど、直接身体に触れて刺激となるものは、カウンセリングに比べてセラピーの効果が大きいなあと実感。
聞いても聞いてもなかなか肩こりは治らないのでね。
もちろん長年の悩みに光が当てられるカウンセリングもたまにありますが。
さて、二学期が始まると、学校のお仕事も始まります。
そして、二学期はさまざまなアカデミーやアトリエも目白押し。また連絡網もちょこちょこ配信されると思いますのでチェックくださいね!
美容師さん
「今日はまだ早帰りだからお客さん少ないわ。」というので、「そうですね。でも給食始まるとまずしたいのはランチだと思うな。その次が美容院。」
久々に顔見るママ仲間。ふぁすのメンバーさんとの会話も楽しみです。来週のアトリエでお会いしましょうね!

続きを読む "アトリエでお会いしましょ!" »

アトリエ、始まるよ!

こんにちは、いちです。8月が終わりましたね。長かった夏休み、いかが過ごされましたか?ご家庭によっては、もう新学期が始まっているところもあるようですね。大人も子供も、体調整えて、態勢整えて、日常へ戻っていくのが大変です。

さて、ふぁすのアトリエも、お休み終了。9/12は、フォーラム「感情コントロール」で始まります。感情爆発エピソード、感情コントロール実践報告などなど、お持ち寄り下さい。たくさんのご参加、お待ちしています。

体験参加をご希望の方は、ふぁすのオフィシャルメールまでご連絡下さい。改めてご案内させて頂きます。

まだまだ暑く、疲れも出てくる頃ですが、元気にお会いしましょうね。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »