無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 深まる秋を散策 | トップページ | 人は泣くから悲しい? »

フォーラム『思いやりって?』レポート

こんにちは、まなみです。

今回は、フォーラム「思いやりって?」について、なっちファシリテーターで話し合いました。
参加者は6名と少人数で、来た人から椅子をだして、輪を広げながら話し合いました。

思いやりについて自分たちの経験談を話しました。その中で「思いやりとおせっかいの違いは?」といった疑問がでて、自分が相手を思いやっての行動も、相手にとって行き過ぎたらおせっかいだなぁと。過去の経験として、義母の、「孫達にもっと買ってあげたい食べさせてあげたい!!」といった行動に毎回憂鬱・・・といった意見や、我が子が怪我をした時に「それぐらい大丈夫大丈夫!」と突っぱねてしまい、優しい言葉がだせないなどの意見がでました。

思いやりとは、自分の価値観をおしつけるのとはまた別で、相手が何を考え、何を望んでいるのかを、想像することが大切なんじゃないかと。義母の、せっかくの機会だから食べさせてあげたいという気持ちをくんであげるべきなのか?!子供へは、「痛かったんだね~大丈夫だった?」の一言を伝えてあげるべきだったかなと考えると、身内への思いやりって何が一番大切なのか、難しいと思いました。でも、自分が母親から教わった優しさ(思いやり)は身についていて、母ならこうしてくれてたなぁと、そこは想像できたりする。

相手が、公共で出会う人、友人、家族など、自分とどういう関係かによっても、変わってくると思います。やはり身内、特に我が子においては、愛のムチで対応してしまいがちですが、他人の子に対しては、素直に対応できるのに、なぜ?の問いに、疲れているんじゃない!?と話は移り、自分に余裕がないと相手を思いやったり、気遣いができないよね~と。

自分自身が精神的に満たされていないと、相手を思いやれる余裕は生まれないですよね。どうしたら、ストレスなく過ごせるんだろう~と考えると、自分自身のコントロールなのかと。

社会で生きていくには、人との関わりはなくてはならないもの。
価値観や環境が変わりゆく社会の中で、いかに心地良く人と関わっていくか、難しいですが、相手の思いを想像して、おせっかいにならないようにしていきたいなと思いました。

« 深まる秋を散策 | トップページ | 人は泣くから悲しい? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーラム『思いやりって?』レポート:

« 深まる秋を散策 | トップページ | 人は泣くから悲しい? »