無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 明日はアトリエです!! | トップページ | 家族草野球チームの紹介 »

11/28 フォーラム「女の友情と上下関係」報告

320_325781_19xcys0_2felfouigh

カオルです。
 冬らしい、肌寒い日となりましたが、箕田公民館では「女の友情と上下関係」と題して、“熱く”フォーラムが開催されました。

 まず、前置きとして、男性から見た女性の友情についての、にやっとさせられる4コマ漫画から。「壊れやすい。そして実は軽いらしい?」“友情”という箱を、たくさんの女性がえっさえっさと運んでいる。でも、みんなで持ってるみたいだけど、持ってるフリだけしてる人、いない?!
女の友情って、昔からの永遠のテーマでもありますね。

よくある光景に、女性の円陣を組んだおしゃべり。
その円陣は、ある種の連帯感からなっていたりします。小学校高学年から中学生頃の女の友達関係の延長のようで、取り残される不安が付きまとい、嘘でもいいから仲良くしていたいということが「友情」と勘違いされ、大人になってもそんな思いに振り回されているかもしれません。
 園でのお迎え時の円陣は、いつしか忙しさと共にメールやLINEに移行してしまいますが、その関係は前と変わらず、必死に関係を保とうとしているだけだったりします。逆に年齢と共に割りきりがついて、「取り残される」のではなく「自分から入らない」という選択が出来る人もいるようです。
 本当の友人って?無理をしてでも関係を保ちたいとつきあっていた人より、女同士思い切り本音で言い合い、ケンカをした人のほうが、数十年後の急な再会でも、友として信頼できる関係にすぐ戻れた、そんな例もあげられました。また、間違っていたとしても離れずに味方についてくれる(一緒に何とかしていこうとしてくれる)のが、本当の友人と言えるのかもしれないなという意見もありました。

 話の中で出た、メールやLINEについて、そのやりとりの仕方についても話題となりました。返信が来ないことにやきもきする人もいますが、レスポンスの有無や速さというのは、大人になると友情とはあまり関係なく、相手のその時の状況や生活のペースに拠ってくるようです。付き合っていく中で、お互いに良いタイミングというのも見えてきて、返信を急かさない一文を添えたり、相手の様子に配慮した送受信が出来るようになってくるでしょう。それは、「友情」という前の、人と人とのお付き合いのマナーとしても心得ていたいことだなあと、皆で振り返ることでした。

 もうひとつ、「上下関係」については、年齢や経験だけでなく、“その人の人となり”という目安があるようです。横関係の「友情」と、縦関係の「上下関係」。その軸をどう見るかは、人によってかなり基準の違いがあるので難しいですね。
 上下関係というと出てくる話題が、女性特有の「お局様」。そこでちょっと一息、“「お局様」なり易さ”チェック!!それらの項目(ネットより抜粋したもの)をみると、自分に自信がなく、人のことが気になり、環境の変化が苦手…などの特徴が見られました。OL時代の経験談から、「お局様といわれる人は、人に何かをしてあげたいと思っているが、伝え方に問題があるらしい…」ということも見えてきて、自分では親切心と思うことが、相手にはどう伝わっているかな?と、ハッと自分に置き換えて考える時間にもなりました。

 上下関係や友情のどこかについてくる「尊敬」という気持ちの話からは、「ヒエラルキーとステイタス」という難しいキーワードも出てきました。
その人は、そのコミュニティの中で重んじられているものを持っているか?ヒエラルキー(序列)がないと、社会は成り立たないのでは…??
続けてもう2時間、アトリエができそうなところで時間となりました。
 
 答えは出ないけれど、それぞれに振り返りのきっかけとなるキーワードが溢れていたフォーラムとなりました。

« 明日はアトリエです!! | トップページ | 家族草野球チームの紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/28 フォーラム「女の友情と上下関係」報告:

« 明日はアトリエです!! | トップページ | 家族草野球チームの紹介 »