無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« 子どもの気がかりアカデミー | トップページ | 人は言葉で思考する »

前頭葉の話

こんにちは。

なっきーです。今日はスタッフミーティングでした。

今年もいろいろ活動していますが、もう来年度のことを考えています。

これからふぁすがどんな方向に進んでいくのか、半年かかってじっくり決めていく時期になりました。

さて、今日は中学校のカウンセラー便りの転載第二弾です。前頭葉の発達について書いたものをご紹介します。お子さんにプリントして見せてあげてもらってもいいかもしれません。ちょっとばかりショッキングな画像も含めて中学校で生徒と保護者には配布しています。以下文章です。

なぜ大人は勉強ばっかりさせるんだろう

良い高校行って欲しいからかな。稼ぐ仕事に就かせたいからかな。

「なぜ中学でたくさん勉強するか」を脳科学からちょっと説明しますね。

赤ちゃんから大人になるまでに、頭の大きさがずいぶん大きくなることはわかりますね。

中身の脳の量ももちろん増えますね。

Nou生まれてからどんどん大きくなるのですが、人生の中で脳細胞がもっとも増えて活発になるのが、今の皆さんの年頃なのです。

体も大人に近づいて、どんどん背が伸びたりするので、正直身体がしんどい、という人もいろいろ相談に来ますが、組織・細胞を作り続ける指令を出すのも、またあなたの脳。疲れて当然ですね。そういう時はゆっくり休んでも大丈夫!さぼってるんじゃないよ。

でもその分、脳は猛烈に成長もしています。元気あまって「何かしたい!」って突然始める人もいます。大人から見たら意味不明だけど、それが思春期の皆さんの姿です。

つまり、今覚えたことは一生忘れないでいつでも記憶の引き出しから出してくることができるので、英単語や漢字を覚えると大人になってから楽だろうと言うのが親心。20歳過ぎたら脳細胞は死滅を始めるんですよ!だからおじさんおばさんは物忘れが・・・。笑っていても、あなたもいずれそうなる。やるのは今でしょ!と言うわけ。

しかも、ヒトの脳の前の部分、「前頭葉」はヒトが人らしく生きるために、自分をコントロールしたり、物事をまとめたり、実行するための司令塔となる部分で、成熟が今まさに皆さんの年頃。

お子ちゃまと違うのに!と頭ごなしの言い方に腹が立つのは、あなたの前頭葉が育ってきている証拠です。

Nou2ちょっとびっくりする画像をお見せしましょう。写真の人はアメリカ人フィニアス・ゲージという人です。穏やかで真面目な鉄道作業監督でしたが、不幸にも工事の途中で爆発に巻き込まれ、なんと頭蓋骨に大きな鉄棒が刺さってしまったのです。それなのにこの人は歩いて救急車に乗ることができました。

Nou3前頭葉を損傷しても、生命には直接影響がないことがこの人の事例でわかり、脳科学の研究が進みました。それでは、この人は無事だったのでしょうか?実は人格が変わってしまったのです。我慢ができずすぐに暴言暴力、衝動的で粗野な誰からも恐れられる人柄になってしまいました。

前頭葉は、人が人として生きていく上で、一番大切な部分であることもわかったのです。

 大人として落ち着いて信頼される人に育ってもらいたくて、お話しました。

前頭葉、活発に使ってくださいね。そうそう、脳は「濡れたコンピューター」です。筋肉と違ってお肉を食べても脳みそにはなりませんよ。脳みそを増やす?のは、植物系たんぱく質、つまり豆類。豆腐や味噌などなのです。エネルギーはもちろん糖分です。

あなたの食生活は筋肉派?それとも知性派?

« 子どもの気がかりアカデミー | トップページ | 人は言葉で思考する »

コメント

ご無沙汰ですが、いつも拝見してます。
2学期から不登校ぎみの娘は常にあっちこっち体調不良ですが、よく頭痛を訴えます。

痛みのある個所は頭の前の方・・・。

・・・前頭葉が育ってて、痛いのかな・・・?

背が全く伸びなかった娘は、どんな頭でっかちになってしまうのでしょう・・・。

こんにちは!

体調不良は思春期のトレードマークみたいなもんですから、あんまり心配要らないですが、痛いの可哀想だよね。
楽になるといいですね。

また改めて思春期編をやろうかという話もでているので、同窓会がてら三学期にでも来て下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前頭葉の話:

« 子どもの気がかりアカデミー | トップページ | 人は言葉で思考する »