無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« ブレインジムのワークショップに行きました | トップページ | 師走のヒヤリハット! »

フォーラム『日本人の正義感』の感想届きました!

こんばんは、いちです。今日も寒かったですね。皆さんどんな週末でしたか?
木曜日に開催したフォーラム『日本人の正義感』への感想が寄せられましたので、紹介させて頂きます。


【難しそうなタイトルながら、マイケル・サンデルについて、予備知識としてあれこれ調べていると、“正義感”というより“道徳観”が自分の中ではクローズアップされてきました。

「きちんと並んで待つこと」「ひどい状況の時でも略奪もなく、金庫も戻ってくる」など、
震災で大きく世界に取り上げられた日本人のすばらしさは、日本人からすると当たり前のこと。でも、それって子どもの頃から刷り込まれてきたことで、他の環境の悪いところで育ったとしたら、なかなか同じようには考えられないかも…。
そう考えると、やはりこのような考え方は、親が、周りの大人が子どもに教えていくこと。
その責任を背負っているような気持ちで参加したフォーラムでした。

世界のあちこちで起きた災害の時の様子を並べた写真を見ながら、ふと出た意見は、
「でも、日本人でも順番守らない人とかいるし…」。
そして「誰かが略奪にはしったら、もしかしたらみんなもするかもしれない?!」
つまり、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」。道徳心がないわけではないけれど、
人の目を気にして行動する日本人だから保たれた行動だったという考えもあるのでは?
「これは良くない!」でなく、「みんなから非難されたくないからしない」という気持ちも
ちらほら漂っているのではという考えが出たのが、やっぱりアトリエ。
まだまだ深められそうです。

そして、子どもから質問される「それって何でいけないの?」に、親として
きちんと答えられるような、しっかりとした考えを持っていないと、思春期の子どもと対峙するのは難しそうだなあと、宿題がたくさん出されたような気持ちで終了したフォーラムでした。(by カオル)】

続けてもうおひと方。


【日本人の正義感とは?

大震災を経て日本人がとった行動について「略奪もなく、きちんと並んで待つことができた」り、「他にも困っているところに、支援物資をまわしてあげて」と言える日本人の行動って確かに、凄いなぁって感心させられました。

でも、なぜこのような行動がとれたのか?
今までの積み重なった体験、刷り込まれた道徳心からくるの?日本に生まれて安心、安全と思っているから。もし、生活が苦しくて生きていくのが精一杯の国に生まれて育ったら、同じ行動がとれるのか、と答えはでないけど自分の中で、色々考えるものがありました。

育つ環境、積み重なる体験、刷り込まれていく道徳心、こんな言葉が重なると、親である自分がどのように子どもの目に映っているのか、影響を与えているかと…

まず、正しいと思うことを納得出来るように、子どもに説明できるようにならないといけないかなぁ~と、お題をだされたような気持ちで終わったフォーラムでした。(by ひろ)】


お二人から、共通して出された感想が、「お題を出されたような…」。
フォーラムでお題について話し合い、考えていたのに、そこでまたお題にぶつかった…まさに、ふぁすのアトリエでした。感想を寄せるのにも、お二人ともじっくりと時間をかけてくれましたが、フォーラム中も、まとまる様でまとまらない、そんな2時間でした。

今回のフォーラムは言わば、「あなたはどう生きるのか?」そんな問いを突き付けられて、その答えを探すようなフォーラムだったのです。たかが2時間で、その後数日かけたって、簡単に答えが見つかるようなテーマではなかったのですね。まるで生まれてから今までの生き方を問い直すような、そしてこれからの自分の生き方を見つめ直すような、そんな時間でした。

我が子に見せる生き様は。自分なりの、目指す「正義」とは何なのか。時々こうして自分自身に向き合って、考えを深めることは大切ですね。これからも続けていきましょう。

ひろちゃん、カオルさん、ありがとうございました。




« ブレインジムのワークショップに行きました | トップページ | 師走のヒヤリハット! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーラム『日本人の正義感』の感想届きました!:

« ブレインジムのワークショップに行きました | トップページ | 師走のヒヤリハット! »