無料ブログはココログ

イベント情報

図書紹介

  • 図解でわかる心理学のすべて

« アトリエ、盛り上がった~ | トップページ | PE『角の立たない伝え方』レポート »

廃鉱探検とトロッコ温泉

1

こんにちは。なっきーです。

受験シーズン真っ最中の皆さんごめんなさい。引越しの準備や資格試験などでそれなりにばたばたしているなっきー家ですが、とりあえず受験のプレッシャーからは解放されております。なっきーは検査のアセスメントを抱えて土日はパソコン仕事の予定でしたが、暖かい一日になると聞いて、むくむくとおきだして、南へ走り出しました。

Photo_2鈴鹿から紀州方面へは紀勢道がつながり便利になったので昨夏から釣りやドライブによく出かけていましたが、さすがに遠くてなかなか行けなかった、紀和鉱山跡へ思い切って行ってみました。以前に北勢地方の「白の迷宮」ですっかり廃坑探検にはまってしまったファミリーです。

そこは以前に私が同僚との旅行で訪れたトロッコで行く温泉のことでした。そこで温泉と廃坑探検ツアーになりました。

昭和の時代の香りを残す町の風景と廃坑の風景。ノスタルジーです。

博物館前に展示されているトロッコに興味津々の男子チームに「このトロッコにのって温泉に行くんだよ」「ほんとに?これ乗るの?」「そうだってば」ということで温泉へ移動。

しかし、廃坑散策で興奮のあまり野生動物の糞を踏んでしまっていたなっきー。車で異臭騒動でトロッコ発着駅ではパニックでした。

Photoまあ、自然のなせる業?と気を取り直して、トロッコに乗車。温泉駅に到着する頃には、またみんなうきうき。

Photo_3温泉しかない、秘湯とも言えるこの温泉。泉質は東海地方でも1,2を争う名湯です。

Photo_5今回は予算の関係で美味しい物のセットとまでは行きませんでしたが、乗り物大好き、冒険大好きなオトコノコ(年齢に関係なし)の心をくすぐるトロッコと廃坑探検に女子会御用達の秘湯をミックスしたこんなツアーはいかがでしょ?

ご予算としましては、ガソリン代と食事費用を除いて、紀伊長島までの高速代(そこから熊野までは現在無料)、とトロッコ+温泉大人600円!

我が家はこのあと、熊野速玉神社、ウミガメ公園、花の巌神社などを巡って帰宅しました。テーマパークなみにわくわくした日帰りツアーでございました。

トロッコの乗車時間は10分程度なのですが、すごい遠隔地療法になりました。

« アトリエ、盛り上がった~ | トップページ | PE『角の立たない伝え方』レポート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廃鉱探検とトロッコ温泉:

« アトリエ、盛り上がった~ | トップページ | PE『角の立たない伝え方』レポート »